【京都】「芙蓉園」創業60年!!河原町の全て手作り本格”京中華”

京都で学生している時から
かれこれ20年通っているのが
四条河原町にある老舗中華料理屋

「芙蓉園」(ふようえん)

なんかクセになって行きたくなるお店。
京都に行く際は、今でも
時々立ち寄らせてもらっています。
いつも地元の人で賑わっています。

麺も、春巻きの皮も、焼き豚も
全て手作りのこだわり本格派。

ニンニクをあまり使用しない
「京都中華」としてユニークな進化を遂げていて
独特の味にハマります。

おすすめメニューをご紹介していきます!!


スポンサーリンク

「芙蓉園」お店の様子

京都, 河原町, 芙蓉園, 中華, 京中華, 四条河原町京都, 河原町, 芙蓉園, 中華, 京中華, 四条河原町

「芙蓉園」(ふようえん)の外観と店内は
とってもカジュアルです。
20年前から変わっていません。

店内はカウンターと3つのテーブル席
のみなので結構こじんまりしています。

中では大将が料理を、ホールは女将さんが
大体1人で接客されます。

2階は宴会席があり、団体利用も可能です。

「芙蓉園」おすすめメニュー!!

「芙蓉園」のおすすめメニューを
おすすめ順にご紹介していきます。

訪れたのはディナータイムです。

酢豚

京都, 河原町, 芙蓉園, 中華, 京中華, 四条河原町

1番おすすめは迷いなく酢豚(800円)

甘酢だれが絡んだ豚肉が
ジューシーで最高に美味しいです。
脂身の少ないモモ肉です。
具はパイナップル数切れとシンプル。

この甘酢だれとジューシーさがクセになる味で
私の人生においてマイベスト酢豚です!!

焼きそば

京都, 河原町, 芙蓉園, 中華, 京中華, 四条河原町

焼きそば(800円)は麺から自家製
というこだわりです。

豚肉と野菜は少しだけとろみつき。
麺は極細麺です。

具材のシャキシャキ感と
麺のほどよいしっとり感が良く絡む。

あっさり味なのになんだか
めちゃくちゃ美味しいのです!!

春巻

京都, 河原町, 芙蓉園, 中華, 京中華, 四条河原町京都, 河原町, 芙蓉園, 中華, 京中華, 四条河原町

春巻(800円)も皮から手作り。

オーダー後に巻いて揚げます。
皮は卵をベースとした薄皮で、
ふわっと優しい食感です。

春巻と聞いて想像する食感とは
全く異なるので驚きます。

炒飯

京都, 河原町, 芙蓉園, 中華, 京中華, 四条河原町

炒飯(600円)は京中華らしくあっさり味。

これだけだと少し寂しい味かもなので
おかずとして是非いただきたい一品。

紹興酒

紹興酒もいただきました♪
ザーサイが一緒に提供されました。

その他の人気メニュー

今回は主人と2人だったので
これ以上頼めなかったけれど

・やきぶた(700円)
・蒸し鶏:しょうが醤油(800円)
・棒棒鶏:ごまだれ(700円)

もとってもおすすめです!!
やきぶたも全て手作りです♪
鶏肉のタレも独特でハマります。

「芙蓉園」7つのこだわり

京都, 河原町, 芙蓉園, 中華, 京中華, 四条河原町

「芙蓉園」(ふようえん)さんで提供される
料理やデザートは本当に手間暇かけて
作られていることがわかる7つのこだわり!!

・スープは毎日生の鶏ガラからダシ作り
・春巻は皮から手作り
・シュウマイは豚もも肉のミンチから手作り
・デザートも手作り
・お店の麺は全て自家製麺
・やきぶたも自家製
・京都産のお米使用

「芙蓉園」メニューのご紹介

メニューの一部を画像でご紹介。
ランチタイムメニューもあります。

京都, 河原町, 芙蓉園, 中華, 京中華, 四条河原町

「芙蓉園」まとめ

いかがでしたか。

今まで知っていた中華とは
一線を画すオリジナルな中華です。

これといってパンチの効いた味ではなく
シンプルで優しい味つけなのですが
一度食べると結構ハマります(^-^)

京中華を味わってみたい人におすすめです!!

「芙蓉園」詳細情報

名称 芙蓉園
住所 京都府京都市下京区西木屋町通松原上る3丁目市之町240-1
営業時間 【ランチ】
12:00~14:00(14:30閉店)
【ディナー】
17:30~20:30(20:30LO 21:00閉店)
日曜営業
※定休日:火曜日、水曜日、3月21日休業
電話番号 050-5869-3110
参考サイト https://tabelog.com/kyoto/A2601/A260201/26004160/


スポンサーリンク