ルアンパバーンの薬草サウナで蘇る「サウナ狂」だった10歳の頃の私…

本当に好きなことを見つけたかったら

「子供の頃の自分を思い出すと良い」
「子供の頃、夢中になってたことに答がある」

なんて良く聞くけれど
「それって本当だ…」
と思った私の個人的なお話。


スポンサーリンク

ラオスのルアンパバーンで記憶が蘇る

▼ルアンパバーンで行った公衆サウナのひとつ

先日、ラオスのルアンパバーンを旅し
ラオスの伝統文化である薬草サウナを
毎日ハシゴして6店舗巡り
至福な時間を過ごしました♪

その時の詳細記事はまた書くとして
そのサウナって色んなハーブを炊き込んだ
スモークタイプのハーブサウナで
本当に本当に気持ちが良かったのです!

深く深呼吸すればするほどレモングラスの
香りが肺の奥深く、そして毛穴全体に浸透する感じ。
最高に癒やし効果のあるサウナでした。

地元の人しか来ないようなサウナで
笑顔で微笑みあいながら言葉なんて
必要ないって思える瞬間を楽しむ。

「あ~幸せだなあ…」なんて思っていたら
子供の頃の思い出が走馬灯のように蘇ってきました。

遡ること30年も昔の話。

小学4年生、当時10歳の私は
近所の銭湯にあるサウナにハマりまくって
友達と良く行っていたのです。

▼こんな感じの銭湯でした。

少しだけ?マセていたのか

「サウナに行くと痩せるらしい」

という話を聞きつけ友達と毎週のように
サウナに通うようになったのでした。

水分が減っていただけなのですけどね(笑)

でも今思えば、痩せると錯覚するのが
楽しいのではなく、そのサウナ内で友達と過ごす時間とか

サウナに行くといつもいたおばあちゃん
いわゆる「サウナの主」がとっても優しくて
色んな話をしてくれた時間が好きだった。

そして帰りの風を感じながら自転車を漕ぐ時の
なんとも言えない気持ちよさとかを求めていたのかも。

ザ・下町の銭湯って感じでした。
裸の付き合い…お風呂で険しい顔を
している人なんて居ないです。

みんな萌えているし
とっても柔らかい空気が流れている♪

そんな空間が、そんな時間が大好きでした。

ルアンパバーンのサウナも同じ空気が流れていた。
新参者の私をみんな笑顔で迎えてくれた。

言葉は交わさなくても受け入れてくれてるのが
空気感で伝わってくる。

そんなラオスのサウナ空間で10歳の頃の
ステキな想い出が蘇ったのでした。

サウナと離れた30年は温泉&岩盤浴&ホットヨガにハマる

ですが中学進学で環境が変わったこともあり
私の人生からサウナは潔く
消えてしまっていました。

でも温泉好きな母の影響で
良く家族でスーパー銭湯や温泉に行ってました。

20代でカナダとオーストラリア生活を経験し
さらに日本文化の銭湯や温泉が大好きになりました。

30代の10年間は神社巡りにハマり
日本中の神社を訪れていました。
特に九州は良く行っていました。

参拝後の1番の楽しみは
その土地の天然温泉を訪れることでした(*^^*)

今となってはその時にブログを書いていたら
日本中の素晴らしすぎる
源泉かけ流し温泉をご紹介出来ていたのに…

話を戻します(笑)

30代前半からは岩盤浴にハマり
よく汗を流しに行ってました。

ホットヨガも数年前から始め
汗をかく爽快感は好きでした。

きっとサウナ狂に向けて準備は
着々と整っていたのでしょう。

30年振りにサウナ狂に舞い戻るキッカケは「サウナしきじ」

そんな私を30年振りにサウナワールドに
引き戻してくれたのは今年(2018年)の初めに
訪れたサウナの聖地「サウナしきじ」@静岡でした。

この頃の私はサウナ狂だった10~12歳の自分は
すっかり忘れ切っていて

「サウナに行く人なんてSに違いない」
「あんな苦行なんのためにするのか」

なんて思うまでになっていました。

固定概念とか先入観って怖い怖い…。

温泉やスーパー銭湯は行くけれど、
炭酸泉は岩盤浴は大好きだけど、

サウナは素通り…

自分には関係ないと思っていたのです。

でもさすがサウナの聖地だけあって
「サウナしきじ」は凄かった!

私がハマったのは薬草サウナ。
そうラオスの薬草スチームサウナと一緒!

「サウナしきじ」は本場フィンランドサウナ
こそがきっと人気なのですが、それに加え
漢方薬を使用した薬草サウナもありました。

そのサウナが本当に気持ちよくって
よもぎの香りも素晴らしくって
しかも勇気を出して水風呂に入ってみたら
天然水の水風呂がめちゃくちゃ気持ちよくって
その後の爽快感がクセになったのでした。

それから私のサウナ通いが再燃しました。

地元名古屋のスーパー銭湯に行くと
炭酸泉しか入らなかった私が
その後必ずサウナに入るように…

しかも最低週1ペースで行かないと
カラダがサウナを求めてウズウズ…
「ああ、水風呂はいりたい…」とうずく。

水風呂がヌルいと物足りなさを感じるように。

そしてサウナで気持ちよくなることを
「整う」と言われていますが
その得体の知れない感覚はまだ良くわかりません。

私にとって「整う」とは今の所

”心身のバランスが整って
 気持ちがニュートラルになれること”

”理屈抜きでこの瞬間が幸せと思えること”

なのです。サウナって奥が深いでしょ(笑)

そして、中毒性があります。

そんなサウナ通いの日々…からの
9月のルアンパバーンでの薬草サウナ!

レモングラスの香りに包まれながら
久しぶりに感じる深すぎるレベルでの幸福感。

自分の人生の中に、

「この素晴らしい時間を増やしていきたい」

と心から思ったのでした。

まとめ…からの続き

▼ルアンパバーンの別のサウナ

何だか、自分の中で
色々繋がったような気がしました。

サウナごときで大袈裟な…
と思われるかもですが本人は至って真面目です(笑)

「子供の頃に夢中になっていたこと」
「理屈抜きで好きだったこと」

コレってきっと大人になって
「何か好きなことを探したい」
って時に役立つなって思いました。

私の場合、サウナに関しては
なかなか思い出せなかったけれど…(;・∀・)

でも思い出せて良かった(*^^*)

このサウナタイムでもうひとつ
「閃き」があったのでした。

それはまた次の記事で…


スポンサーリンク