愛する旅×サウナ=「世界のサウナハンター」になり伝統文化に触れる

ひとつ前の記事

「子供の頃からサウナ大好きだった!」
「サウナの聖地『サウナしきじ』でサウナ狂が蘇る」

なんてお話をしてみました。

この記事では私がこれからしたいことのお話。


スポンサーリンク

「そうだ!私、世界のサウナハンターになろう!」

▼ルアンパバーンで通ったサウナのひとつ

9月にラオスのラオスのルアンパバーンで
薬草サウナを日々ハシゴしていました。

その時、それはそれは深い幸福感に包まれ
ラオスの人々はなんて素晴らしい
伝統文化を持っているんだ…。

そして旅人の私にもその素晴らしい文化を
笑顔でシェアしてくれるなんてステキ!

と感謝の気持ちで溢れたのでした。

そんななか

・もっと世界のサウナを知りたい!
・サウナ文化を通して世界中の文化を知りたいな

そんな気持ちがムクムクと湧き上がり

「そうだ!私、世界のサウナハンターになろう!」

と思ったのでした!!

「ぷっ」と吹き出しちゃうかもですが
私は至って真剣でございます(笑)

サウナを「伝統文化」として捉えてみたら
その視点で眺めてみたら
きっと面白いなって思ったのです。

文化とはその土地の人々の心に
刻まれ受け継がれていくもの。
彼らのアイデンティティの一部でもあると思うのです。
時にアイデンティティそのものだったり。

その文化に触れてみたい。
知りたい。
感じたい。

そして日本のサウナ文化に根付いた
日本人としてのアイデンティティも
伝えることができたら、もっと素敵だと思うのです。

もちろん

「自分が気持ちよくなりたい!」
「サウナ大好き!」

ってのが1番大きな理由ではありますが(笑)

でも

・サウナを通してその土地に住む人々の暮らしを垣間見る
・サウナという文化を通して世界の人々と触れ合う

旅人としてだけど各国・地域の文化を
垣間見れたら本当にステキだなって思ったのです。

その背景にある歴史・習慣・考え・生活etc.

サウナと通した異文化交流。
想像しただけでワクワク&ゾクゾクが止まらない…
久しぶりに感じる感覚でした!

新座右の銘「旅の醍醐味は食とサウナにあり」

今まで

「旅の醍醐味は食にあり」

を座右の銘にし、各国の食文化に触れることを
旅の1番の楽しみにしていました。

でも去年くらいから

「何かテーマのある旅が出来たらステキだな」

って思い始めるようになっていて
その気持ちをずっと心に留めていました。

だからきっとルアンパバーンの気持ちよすぎる
薬草ハーブサウナに入った時に
脳みそがパッカーンと開いて
自分がワクワクしまくれる新しい旅スタイルが
閃いたのだと思います(*^^*)

もともと好奇心は人一倍大きく
知りたい!と思ったら即行動!

でもある程度のところまでいくと
飽きる…(;・∀・)自分でも不思議。
興味がぱっと無くなっちゃう。
そうなのです。飽き性でもある私。

でも何だか今回は違うぞ!
違う気がするぞ!
ワクワク度がハンパないもの。
うん、大丈夫!

ということで

新座右の銘「旅の醍醐味は食とサウナにあり!」

世界のサウナハンターとして、これからしたいこと

これからは海外そして日本も
ぜ~んぶひっくるめて
”世界”のサウナハンターとして
色んな面白いサウナ文化をこのブログで
ご紹介していきたいと思っています!

日本もね、奥が深い。
日本のサウナ文化のルーツは蒸し風呂。
いっぱい掘り下げてみたい!

日本のサウナは男子専用が多いけれど
女子でも楽しめるサウナを
いっぱい体験してシェアしたい。

日本のサウナ文化を通して
世界のサウナ文化を見る。
比べてみる。違いを知る。

その背景にある人々の生活習慣や伝統を知る。
そこできっと自分が感じるものがあるはず。
それが何か知りたい。感じたい。

あ~楽しそう!
楽しいに違いない!
日本を深く知るキッカケにもなると思う(*^^*)

20代は海外生活を通して、
英語を通して、海外文化を知り、
日本をより深く眺める機会を得た。

熟しまくった40代の私はサウナを通して
再び違った視点で世界を見てみようと思うのでした。

知的好奇心を満たせるようにも
サウナと関わってみたいです。

まずは自分が楽しみまくる!
それが最優先!

しばらくサウナネタばかりになりそうですが(笑)
ご興味のある方、是非お付き合いくださ~い!!

【サウナハンターとして行きたい国一覧】

▼フィンランドの湖畔に建つサウナから湖に飛び込むぞ!

・フィンランド
・エストニア
・ドイツ
・アメリカ&メキシコのインディアン達のサウナ文化
・NY
・台湾
・香港
・セブ島
・韓国
・タイ
・カンボジア
・ラオス再訪!etc.


スポンサーリンク