【パース】スビアコマーケット封鎖…からの新マーケットをルポしてきたよ!!

スポンサードリンク

こんにちは、Licoです(^-^)

オーストラリアのパース「女1人旅ルポ⑤」です。

西オーストラリア州パースの人気観光スポット
お洒落な街スビアコ(Subiaco)♪
何といっても見どころは週末の
スビアコマーケット(Subiaco Market)!!

しかしなんと2015年7月26日に
閉鎖してしまったのです…(悲しい…)

ですが代替スポットとして2009年より
同じくスビアコで開催されている
「スビファーマーズマーケット」
(Subi Farmers Market)
があると聞いたので早速行ってきました♪

詳細ルポしたいと思います!!

以前のスビアコマーケットとその歴史(Subiaco Market)

パース駅(Perth Station)から
フリーマントル線(Fremantle Line)で3駅の
スビアコ駅(Subiaco Station)♪
3駅で3ドル(約258円)で約10分。

お洒落なカフェやレストランが立ち並ぶ人気スポットです。

その駅すぐ近くにあったのがスビアコマーケット。
正式名称はスビアコステーションストリートマーケット
です。

1985年から始まったマーケットですが
2015年7月26日に30年にわたる長い歴史に
幕を閉じたそうです。

存続を求める声が後を絶たず
Facebookなどで署名活動も行われたそうですが
結局延期はされたものの封鎖という結果に
終わったそうです…(涙)

私は1999年~2000年にかけて
1年間パースに留学していたのですが
毎週末スビアコに訪れて1週間分の
食料品の買い出しをしていました。

とにかく野菜や果物がハンパなく新鮮で
しかもスーパーの約半値ほどの破格で
大変ありがたいマーケットでした。
(オレンジが1kg100円以下だったので
毎朝絞ってフレッシュジュースにして
飲んでいました♪)

ローカルが多い印象でしたが観光地としても
大変人気のあるスポットでした。

雰囲気もカオスな感じで活気がみなぎり、
歩くだけでも楽しくて大好きな場所なので
封鎖してしまったのを知り
とっても悲しくなりました…。

【関連記事】
http://www.abc.net.au/news/2015-07-24/station-street-markets-in-perth-subiaco-close-after-30-years/6646930

現在のスビファーマーズマーケット(Subi Farmers Market)

では現在の

「スビファーマーズマーケット」
(Subi Farmers Market)

ルポです。

今回、私のパース再訪は17年ぶり。
以前のスビアコマーケットに代わる
週末マーケットがあるとの情報は
滞在先(Airbnb)のホスト(ローカル)より入手。

早速行ってきました!!ワクワク♪

スビアコ駅に着いたらどっちに行こうか迷うかもですが
目印は「CROISSANT EXPRESS」カフェのある方。
南側です。

この通りがメインストリートの
ロ―クビー・ロード(Rokeby Road)。

10分ほど進んで
(途中の街並みが素敵なので
ぜひ楽しんでみてくださいね♪)
バゴット・ロード(Bagot Road)
とクロスした道を右折してすぐ。

クロスする道の目印は
左手にCALTEXガソリンスタンド。
右手にライブラリーがあります。

左手にCALTEXガソリンスタンド

右手にライブラリー

ライブラリーにはシュールな銅像あり。これが目印。

ライブラリー側に沿って右折すると隣に
スビアコスクール(Subiaco School)があって
その奥にマーケットが開催されています。
以前の場所とは異なります。

スビアコスクールを越えると…

サイン発見!!

開催は土曜日のみ。

8:00~12:00までの4時間1本勝負です!!

マーケットの風景。混んでます。

屋外にブースが全部で
20店ほど出ていました。

ナッツ、パン、スイーツ、ジュース
ハチミツなどなど。。。
グリルでソーセージが焼かれていたりもしていました。
ほとんどの店舗が食べ物です。

ローカルな雰囲気よりどちらかというと
ちょっとしたフェスティバルな感じで
観光客にとっても楽しいかもしれません。

奥に進んでいくと…

そして奥に進んでいくと
何やら懐かしい雰囲気…。

ありました!!市場がぁ~~~!!(嬉涙)

野菜や果物が所狭しとずらりと
並べられています♪

「おおお~これぞまさに私が求めていた景色」

規模は以前に比べると
かなり小さいです。

ですが豊富な種類の野菜や果物たち
とても混みあっています。並んでいます!!

グレープは種類がとっても豊富♪

ちぎって試食OK

そして私の大大大好物である
ホワイトグレープ(White Grapes)見っけ!!!!!

もう手が勝手に動きパクッと1粒試食。
(ローカルはみんなするので食い逃げではありません。)

「おおお、美味しい!!幸せ!!」

しかも値段も安い!!

ちなみに大型スーパ―だと
あまり新鮮でないものが普通に倍くらいします。

即決で購入を決め列に並びます。

私も並びます。奥の列が並んでいる人たち。

途中で気づいたのですが店員さんがやたらと明るい♪

そして店員のおじさんが話しかけてきます。

「チャイナ オア ジャポネ??」
と聞かれ「ジャポネ」というと
「ビューティフォー」とお決まりの褒め言葉。
イタリア人だ(笑)

これは良いタイミングと思い
撮影の許可をもらうとボスのところに
連れて行ってくれて快諾してくれました。

しかも「一緒に撮ろう♪」とのことで
素敵な2ショット写真までゲット。
さすがイタリア人陽気で楽しいです。

それがこの2ショット写真♪

お陰でたくさん写真に収めることができ
感謝感謝でした。

値段も半値とまではいかないけれど
新鮮でお安く良い感じ♪
ということで1時間ほどぷらぷらして
ベンチでホワイトグレープをバクバク食べて
帰ってきました(^-^)

購入したホワイトグレープ(White Grapes)これで300円弱。安い!!

こんな景色見ながらパクパク

のんびりお茶や食事をしても2時間もあれば
ゆ~っくり見て回れるでしょう♪

ベンチもありゆっくりできそう♪

ローカルな演奏隊も。めっちゃゆるい感じでした。パースらしい。

新鮮な果物などを求めて是非行かれては
いかがでしょうか(^-^)

土曜日のみです!!
なのでスビアコに行かれるのは土曜日がおすすめ!!
朝食を兼ねて行かれても楽しいはず(*^-^*)

スビアコマーケットの今&昔

ということで備忘録として
今&昔を比較してみます。

【以前】
・店員も客もアジア人が多し
(恐らく店員はほぼ中国人)
・野菜や果物が中心
・規模がでかかった
・とにかく安い&新鮮!!

【現在】
・店員も客もほぼオーストラリア人
・野菜や果物売り場は一部のみで
 残りはパン、ハチミツ、マフィン
 オーガニック品、ジュースなど
 どちらかというと観光客なども
 喜びそうなものが多し。
・規模が小さい

以前はとにかく野菜や果物がずらりと並んで
完全にローカル向けだったけれど
現在は観光客向けの雰囲気がありました。

それで野菜&果物が売られているエリアは
全員イタリア人の店員さんでした。

【変わっていないこと】
・以前と同じく野菜と果物が安くて新鮮だった!!

ということです♪

オーストラリアでは出品されている果物を
試食したりできるのですが
例えばグレープやチェリーをちぎって
1粒食べてみる。そして気に入ったら買う。
というスタイルが主流です。

さすがにピーチを1つまるごと食べる人は
いませんが、そういったものは
スライスされて試食できるようになっています。

私もいくつか試食しましたが
どれも新鮮でおいしかったです!!

規模はかなり小さく出店は1社のみだけれど
彼らはとっても陽気で気さくでしたよ。

スビアコのおすすめ観光スポットです(^-^)

スビファーマーズマーケット(Subi Farmers Market)のアクセスはこちら

名称 Subi Farmers Market
住所 Subiaco Primary School, 271 Bagot Road, Subiaco, WA
営業時間 毎週土曜日 8:00 am ~ 12:30 pm
定休日 土曜日以外休み
ウェブサイト http://subifarmersmarket.com.au/

【関連記事】

【パース旅行まとめ記事:これさえ読めば大丈夫!!全記事リンク付き!!】

スポンサードリンク