【パース】シーバスに乗ってサウスパースに行ったら絶景が待っていた!!

スポンサードリンク

こんにちは、Licoです(^-^)

オーストラリアのパース「女1人旅ルポ㉜」です。

パース旅行でおすすめの観光地を紹介しています。
今日はサウスパース(South Perth)♪

パースシティ(Perth City)から
フェリー(Ferry)でスワン川(Swan River)を渡ること約10分。

フェリーでクルージング気分を味わいながら
パースの美しい街並みを見渡すことができる
おすすめの観光スポットなので詳細口コミしてみます(^-^)

サウスパース(South Perth)とは

サウスバース(South Perth)

サウスパース(South Perth)は
スワン川(Swan River)を挟んで
パース市内の南側に位置するエリアです。

岸辺にはリバービューのマンションが
立ち並び少し奥にはいると素敵な戸建が
立ち並び高級住宅街としても知られています。

サウスパース(South Perth)からは
パース(Perth)のビル群が一望でき
昼も夜も絶景を楽しむことができます。

サウスバース(South Perth)から眺めるパース市内

そんなにお店はありませんが
レストランやカフェもあります。

パース動物園もサウスパース(South Perth)に位置します。

シーバス(Sea Bus)とは・乗り方・料金・パースシティ⇔サウスパース行き方

シーバス(Sea Bus)とは

シーバス(Sea Bus)

パース市内からサウスパース(South Perth)は
フェリーで移動します。

パース市内の公共交通機関は
トランスパース(Transperth)と呼ばれていて
西オーストラリア州交通局が管理しています。

トランスパース(Transperth)は
フェリーのみならず電車、バスも運行しています。
下記、英語になりますがHPです。

トランスパースフェリー(Transperth Ferry)
は通称シーバス(Sea Bus)と呼ばれローカルも
気軽に利用する交通機関となっています。

【トランスパース(Transperth)公式HP】
http://www.transperth.wa.gov.au/

※検索するときは…

トップページ左上『Plan Your Journey』の
Startに「Elizabeth Quay Jetty」(パース市内)
Endに「Mends St Jetty」(サウスパース)と入力し
『PLAN JOURNEY』をクリックすると
最新の運行状況が確認できます。帰りは逆で。

【「Elizabeth Quay Jetty」から「Mends St Jetty」までのアクセス地図】

【関連記事】

 

シーバス(Sea Bus)の乗り方&料金

シーバスに乗るならエリザベスキー(Elizabeth Quay)へGO!!

エリザベスキー(Elizabeth Quay)の風景

サウスパース(South Perth)に渡る
シーバス(Sea Bus)はパースの観光地の1つ
エリザベスキー(Elizabeth Quay)から出ています。

自分で購入できる券売機もあるし
隣のインフォメーションで購入も可能。

フェリー乗り場が見えてきました。

券売機

インフォメーション

料金は2.1ドル(約181円)

チケットゲット♪

平日は6:30~23:30まで運行
週末は7:30~23:30まで運行

間隔も約15分おきなので時刻表で調べる必要はないです。

時刻表

時刻表

ちなみに1度チケットを購入すると
2時間は乗り放題となるので
さっくりサウスパース(South Perth)を散策して
エリザベスキー(Elizabeth Quay)に戻ると
往復2.1ドル(約181円)でいけちゃいます(^-^)

乗り方ははとっても簡単。
切手を購入してからなんとなく
フェリー乗り場付近に並んでいるだけ(笑)
めちゃゆるいです。

インフォメーション横のフェリー乗り場

なんとなく待っていると…

対岸からシーバス(Sea Bus)がやってきました!!

到着後、乗客が降りたら乗り込むスタイル。
入口で船員にチケットを提示すればOK。

パース(Perth)は人もとてものんびりしていて
めちゃ優しいのでアタフタして迷っていたら
誰かが教えてくれたり、助けてくれたりするので
ボーっとしすぎて乗り忘れなければ
大概のことは大丈夫です(^-^)

【関連記事】
※エリザベスキーの案内あり

 

シーバス(Sea Bus)でサウスパース(South Perth)に行ってみた♪

ということで早速乗車(^-^)

シーバス(Sea Bus)の船内。ゆったりしています。屋根&窓つき。

この日は快晴だったこともあり
青空をバックにパースの美しい街並みを
眺めることができました♪

早速見えてきたパースの美しいビル群♪

この景色良く「ポスター」にもなるので
見たことある景色かもしれません。

ちょっと遠目のショット♪

ちなみに渡っているのは海ではなく
スワン川(Swan River)なので川です。

約10分で対岸のサウスパース(South Perth)
に着いてしまうのであっという間の
クルージングですが着いてみると
広大な芝生が広がる美しいエリアに思わず溜息。。。

サウルパース(South Perth)のフェリー降車場

フェリー降車場を遠目から

地図もあります。

サウスパース(South Perth)ではこんな広大な芝生の景色が待っています♪

どこにいってもパースは美しいぞ~!!

私はサウスパース(South Perth)に住む
留学時代の友人にディナーを招待いただき
訪れたのですが、待合わせ時間より
早くに着いてしまったのでフェリー乗り場目の前の
パブで1杯ひっかけることにしました(笑)

この景色で1杯♪

パースの美しい街を見ながらのお酒
(この日もアップルサイダー(Apple Cider)
をいただきました♪)は至福の時♪

その後、友人と合流して散策しました♪

サウスパース(South Perth)でのおすすめ過ごし方

ということでサウスパース(South Perth)
でのおすすめの過ごし方をおまとめしてみます。

ぶらぶらお散歩

ぶらぶらお散歩♪

2時間以内でパース市内に戻るのであれば
まずはゆっくり散歩がおすすめ。1人旅におすすめ!!
スワン川(Swan River)からの心地よい風を
感じながら緑、川、パースの街並みを
同時に感じることができます(^-^)

昼寝

日陰で昼寝。
これ最高です♪

私が訪れたのは真夏の2月ですが
日陰は涼しくて汗もかきません。

パースはベンチで「ボ―――」っとしてる人や
昼寝している人が多いのでそんな
のんびりオージーライフを満喫してみては(^-^)

パブで1杯ひっかける

降りると目の前にパブ!! 呼ばれていたんです。

飲まずにはいられませんでした(^^;)

はい、これ私の王道コースです。

パース(Perth)は至る所に
お洒落なパブがあって昼夜問わずみんな
「とりあえず」ビール、ワインなどを楽しみます♪

サウスパース(South Perth)でフェリーを降りると
目の前にパブがあるので私は導かれるように入店しました。

お酒、風、パースの街並み、緑…
これ以上、人生に何が必要なのでしょうか。
そんな気持ちにさせてくれます(^-^)

バーベキュー

パース(Perth)市内の公園や芝生には
至る所にバーベキューセットが配置されていて
無料でバーベキューが楽しめます。

もちろん、油、肉、食器などすべて
自分で用意しないといけないのですが
週末、オージーたちは車でふらりとやってきて
バーベキュー&アルコールを楽しむ姿が良く見られます。

私も留学時代は色んな公園で
バーベキューパーティーを楽しんだものです。

おすすめオージー流、週末の過ごし方です(^-^)

夜景観賞

ちょっと画像悪いですが夜景とてもキレイでした(*^-^*)

サウスパース(South Perth)から眺める
パースシティ(Perth City)の夜景は絶景。

人も少なく静かで夜は風が強かったりしますが
フェリーは約15分ごとにあるので
夜景を見にふらりとパース市内から往復する
旅程を組み込んでも良いかもしれませんね(^-^)

パース動物園

サウスパース(South Perth)でシーバスを
降りて徒歩約10分のところに
パース動物園(Perth Zoo)がありますので
動物園に行かれる人もフェリーでスワン川を
渡る必要があります。

まあ、パース動物園は数時間もあれば
周れる小さい動物園ですが
カンガルー、コアラ、ブラックスワン(黒鳥)
ペンギン、タスマニアデビル、ウォンバットなど
オーストラリア特有の動物には出会えます。

まとめ

ということでシーバスに乗ってサウスパース
に行ってみた体験ルポでした!!

サウスパース(South Perth)自体は
観光地化されているわけではないのですが

フェリーを楽しみながら、
パースシティの絶景が見れることがおすすめポイント♪

ちなみにシーバス乗り場のあるエリザベスキーは
がっつり観光地なのでセットで楽しまれることをおすすめします♪

短期滞在であればもっとおすすめの
観光地はあるのですが、もしゆったり旅程であれば
観光スポットのひとつに
是非加えてみてはいかがでしょうか(*^-^*)

【パース旅行まとめ記事:これさえ読めば大丈夫!!全記事リンク付き!!】

スポンサードリンク