【パース旅行】おすすめ人気観光スポット17選&グルメ情報まとめ!!「完全保存版」

スポンサードリンク

こんにちは、Licoです(^-^)

オーストラリアのパース「女1人旅ルポ㊴」!!
いよいよ最後の記事は旅ルポ①~㊳の記事リンクも
すべてご紹介しながらの【集大成版】となります(^-^)
ぶっちゃけこの記事さえ読めば大丈夫!!

オーストラリア(Australia)の
パース(Perth)旅行に行こう!!
と思われている人!!

ガイドブックなどでのパース観光情報が
“めちゃめちゃ”少ないって思いませんか!?

パースには1999年~2000年まで
1年間留学で住んでいて
その他、世界を30回以上旅してきてきましたが
個人的には今まで訪れた世界の中で
パースが1番好きです。

緑豊かな街並み、透明度抜群のビーチ、ワイナリーなど…。
そして人々が本当に優しくてフレンドリー。
色んな意味で「世界で一番美しい街」だと思います。

今回17年振りの再訪で昔の記憶に自信なく…
情報を得るためガイドブック探しをしました。
が「地球の歩き方」「るるぶ」始め
び~っくりするくらい情報が少ない(涙)

悲しいくらい寂しいページ数…。
こんなに素晴らしい街なのに…
ガイドブックでの影が薄すぎるのです。

なので購入は断念。

ということで

「直接現地で情報収集だ!!」

と愛する第2の故郷を約2週間かけて
徹底現地ルポしてきました!!
観光スポットのみならずグルメ情報も満載!!

パース(Perth)観光の計画をたてたい人、必読ですよ~~~!!

「パース観光ガイド」いってみます!!

目次

「世界一美しい街」パースの基本情報

パース 西オーストラリア州州都
パース人口 約200万人
パース面積 5365km2
時差 日本時間のマイナス1時間

パース(Perth)は西オーストラリア州
(Wastern Australia)の州都で
オーストラリアでは第四の都市です。

時差は日本より1時間遅いです。
サマータイムはなし。

治安は良く1人旅も問題なくできます。
交通も発達していて電車、バス、フェリ―で
問題なく市内をまわれます。

気候も温暖で住みやすく
街も人も美しいのでセカンドライフ
を送る場所としてオーストラリアの他都市や
外国から移住する人が多い街でもあります。

元TBSアナウンサー小島慶子さんも
ご家族(ご主人、息子さん2人)とパース移住されたそうですね。

パースの気候・天気・気温・服装

パースの住みやすさのひとつとして
温暖な気候があげられます。

パースは「温帯性気候」のため四季はありますが
年間を通じて温暖です。

南半球のため日本とは四季が逆なので
春~夏(10月~3月)が観光のベストシーズンです。

ひとつ前の記事と被りますが
月ごとの気候・温度・服装は以下です。

春(9月・10月・11月)

春は暖かくて晴れの日が多いです。
雨はほとんど降りません。

気温はだいたい20~30℃くらい。
ちょっとした羽織りものがあると便利。

この季節はワイルドフラワー(Wild Flower)
が咲き乱れ街全体がとても美しくなるので観光にもおすすめ(^-^)

夏(12月・1月・2月)

パースの夏は乾燥していて
雨はほぼ降りません。

気温はだいたい30~40℃。
はっきり言って日差し強くて暑いです…。
サングラス、帽子はマストアイテムです。

でも風があって、空気カラッとしていて
日陰だととっても快適で気持ちよし♪

なんとほとんどの家庭でエアコンありません。
カフェやパブもオープンエアのところが多め。

夜は結構冷える日もあって
20℃以下になることも。

おおむね過ごしやすいので
観光に訪れるベストシーズンですね(^-^)

ビーチで過ごすのが最高です!!

【参考記事】

 

秋(3月・4月・5月)

秋は温暖で快晴の日が多いです。
気温は25~30℃くらい。
最低は10℃台になりひんやりすることも。

夜は涼しいので長袖スリーブがあると便利。
たまに雨が降って湿度を感じることもあります。

冬(6月・7月・8月)

冬は最も雨が降る季節で湿度もあります。
温度は15~20℃くらい。

たまに豪雨で雷や強風もあります。

パーカーや薄手のコートがあれば十分。
冷えこむ感じではないですが
たま~に最低気温が5℃くらいの日も。

パース旅行♪パース近郊&郊外おすすめ人気観光スポット17選

さてようやく本題です(笑)
無事パースに着いたところでお待たせしました!!

「パースのおすすめ観光スポット17選!!」

のご紹介です(^-^)

①~⑩まではパース近郊。
⑪~⑰まではパース郊外となり
広大な西オーストラリア州らしく
アクセスするのに数時間~数日かかります。

①やっぱり欠かせない押さえておきたいパースシティ観光♪(Perth City)

はい、ここは定番ですね。
パース駅(Perth Station)近くの
メインエリアです(^-^)
やっぱり一通りみて回りたいですよね♪

南側にはエリザベスキー(Elezaberh Quay)
という新観光スポットもできて見どころ増えてます。

北側にはノースブリッジ(North Bridge)
という繁華街があって昼夜問わず
グルメなお店が軒を連ねています♪

以下の記事を参考に気になったスポットへ
是非訪れてみてください(*^-^*)

【参考記事】

 

②フリーマントルでマーケット散策&シーフードを食べ尽くそう!!(Fremantle)

フリーマントル(Fremantle)は
パース駅から電車で30分。

パース1の観光地と言われています。

・伝統的な建物が多いこと
・独特の昔ながらの街並みが美しいこと
・カフェやレストランが多いこと
・週末マーケット(金・土・日)がめちゃ楽しい♪
・シーフード料理に舌鼓み♪
・絶景ビーチもある

など魅力たっぷりなのです(^-^)

以下の記事で紹介している
「Little Creatures(リトル・クリエイチャーズ)」
はパースの地ビールが飲めますよ!!
ルポしたのはディナータイムですが
日中でもOKです(^-^)

フリーマントル(Fremantle)の
おすすめ観光モデルコースは
以下の記事を参考にしてみてください(*^-^*)

【参考記事】

 

③お洒落な街スビアコを散策しよう♪(Subiaco)

スビアコ週末のマーケットの風景

スビアコ(Subiaco)は
パース駅から電車で3駅のオシャレな街。

メインストリートの
ロ―クビー・ロード(Rokeby Road)
沿いにはカフェやレストランが立ち並び
散策するだけでも楽しいです♪

土曜日のみですがマーケットも開催され
グルメを楽しんだり
新鮮な野菜や果物を購入することができます♪

ギリシャ料理レストラン
「George’s MEZE」は超おすすめ!!!

【参考記事】

 

④人気NO.1の電車で行けるコテスロービーチ(Cottesloe Beach)

コテスロービーチ

コテスロービーチ(Cottesloe Beach)
はパース駅から電車で20分。

波が少ない穏やかなビーチです。

電車で行けるのでアクセス良しです。
このエリアは高級住宅街なので
デカいお家が立ち並んでいます。

ビーチにはカフェ、レストランも多く
シャワールームもあるし
ライフセーバーもいて
全てが揃っているので
その便利さもありローカルも観光客も集まります。

ビーチ沿いも遊歩道になっていて
散歩にも持ってこい♪

サンセットもとってもキレイです(*^-^*)

運が良いとイルカの群れが見れたりします♪
感動しますよ。

また海が見えるレストランでの1杯も格別。
至福の時間です(^-^)

ちなみに

①パース市街
②フリーマントル(Fremantle)
③スビアコ(Subiaco)
④コテスロービーチ(Cottesloe Beach)

はすべて同じ電車の沿線にあります。
(フリーマントル線(Fremantle Line))
で頑張れば1日でまわれるので
まとめて観光されるのがおすすめです!!!

【参考記事】

 

⑤スカボロービーチで見るサンセットは絶景!!(Scarborough Beach)

スカボロービーチ

スカボロービーチ(Scarborough Beach)は
④のコテスロービーチ
⑥のシティビーチと比較すると
私が個人的に1番おすすめのビーチです。

ビーチの広大さに圧巻です。
広すぎてライフセーバーとかいません(笑)

海の透明度はコテスロービーチより高いです。
市内のビーチで1番美しいと思います(^-^)

どこまでも続く白い砂浜。
手つかずの自然が残っています。
サンセットは絶景の一言。

波は高いので海水浴は自己責任。
サーファーよく見かけます。

今回訪れたら再開発中で
若干観光地化が進んでいる気配ですが
それでもビーチは昔のまま。

カフェ、レストラン、スーパーもあります。

シティからの行き方は電車とバスなので
少しチャレンジングですが1時間以内で
アクセスできるので是非行ってみてください(*^-^*)

スカボロービーチの詳細情報は
以下の記事を参考にしてくださいね。

【参考記事】

 

⑥パースシティから1番近いシティビーチもキレイ!!(City Beach)

シティビーチ

シティビーチ(City Beach)は
パースからバスで約30分の
パース中心部から1番近いビーチとして知られています。

ビーチ手前は整備されていて
やや人工的な感じがしたのですが
ビーチに降り立つと一変。

やっぱり素敵~~透明度も高いです(^-^)

カフェはあまり多くないけれど
ローカルがブランチタイムに集まり
海を眺めながらの時間を楽しむ姿が見られました。
サンセットタイムも混み合っていました。

行き方の詳細や画像などは
以下の記事でご確認くださいね(*^-^*)

【参考記事】

 

⑦パースが一望できる緑豊かなキングスパーク♪(Kings Park)

キングズパーク「あの景色」

夜景はこちら♡

キングスパーク(Kings Park)は!!
パース市街が一望できる公園として
大変有名な観光スポットです。

パースと言えば「あの景色」が思い浮かぶ…!?
(浮かばなかったらごめんなさいm(__)m)
そうあの景色で有名な公園です。

キングスパークの魅力は景色だけでなく
広大な400ヘクタールの敷地に
カフェ、レストラン、芝生
ブッシュウォ―キング用遊歩道
など見どころ満載です。

特に春(9~11月)は1番おすすめの時期で
野生の花:ワイルドフラワー(Wild Flower)
が咲き乱れ本当にキレイです(^-^)

【参考記事】

 

⑧フェリーでスワンリバーを渡ってサウスパースに行ってみよう♪(South Perth)

サウスパース(South Perth)は
パース中心部からスワンリバー(Swan River)
をフェリーで渡って約10分のところにある高級住宅街です。

フェリーから眺めるパース市街が
これまた美しく素敵です。

サウスパースに降り立つと
芝生が広がりその脇の遊歩道を散歩できます。

カフェやレストランは決して多くないですが
のんびり散策におすすめのエリアです。

【参考記事】

 

⑨パース動物園でオーストラリア特有の動物に会おう♪(Perth Zoo)

サウスパースからフェリ―降りて
徒歩10分ほどのところにあるのが
パース動物園(Perth Zoo)。

住宅街の中に突如現れる
小さな動物園で、数時間もあれば見て回れます。

カンガルー、コアラ、ブラックスワン(黒鳥)
ペンギン、タスマニアデビル、ウォンバットなど
オーストラリア特有の動物に会いたい人におすすめ!!

【パース動物園公式サイト】

https://perthzoo.wa.gov.au/(英語)

⑩お洒落して一攫千金!?パースのカジノはゴージャス!!

クラウンカジノパース

以前はバーズウッドリゾート・カジノ
(Burswood Resort Casino)でしたが
クラウンホテルが買い取り現在は
クラウンカジノパース
(Crown Casino Perth)になりました。
24時間オープンのカジノです。

なかなかゴージャスな雰囲気で
ドレスアップして訪れたいところ。

5ドルから賭けられるので素人でも楽しめます♪
ブラックジャック、ポーカー、ルーレットなど。

私は以前、ポーカーでフルハウスと
ストレートをだして盛り上がり
25時間不眠不休でここに居座ったことがあります(笑)
若き日の懐かしき思い出…。

パース中心部からは電車とバスなので
タクシーに乗ってしまったほうが楽です。
10ドルほど(約1000円くらい)でいけます。

【クラウンカジノパース公式サイト】
https://www.crownperth.com.au/(英語)

⑪抜群の透明度を誇るロットネスト島は1日かけてゆっくり観光したい♪(Rottnest Island)

ロットネスト島

ロットネスト島(Rottnest Island)
はインド洋に浮かぶ周囲40kmの
小さな島でA級自然保護指定国立公園に
指定されています。

見どころは何といっても「透明度抜群のビーチ」

島には63カ所のビーチ、
20カ所の入り江があって海水浴も楽しめます。

インド洋特有の海のグラデーションが
素晴らしく言葉を失う美しさです。

行き方はパースからフェリーで約90分。
フリーマントルからも出ていますが
個人的にはパース発着がおすすめ(^-^)

ゆっくり「スワンリバークルーズ」
を楽みながら向かえるからです♪

島は車の上陸禁止なので循環バスを利用します。
現地発着のオプショナルツアーに参加すると
島内を走る観光バス付がほとんど。

自転車のレンタルもできます。
結構アップダウンが激しいので
体力に自信がある人におすすめ(^-^)

気持ちの赴くまま好きな場所で
停まれるので個人的には自転車がおすすめ♪

そしてもうひとつ楽しみなのが
世界中でロットネスト島だけに生息する
とっても可愛い有袋類の「クオッカ」
にもしかして出会えるかも!?

クオッカ

人懐っこいのでこちらから触らなければ
近くに寄ってきてくれるかもしれません。

フェリーターミナルからすぐの中心地
(セトルメント)にはスーパー、
ファーストフード店、郵便局があります。
それ以外は基本的にトイレしかなくなるので注意。

あらかじめ十分な水分やランチを
種類豊富なパース中心部のスーパーなどで購入するのがおすすめ。
夏は水分た~っぷり持って行ってください。
干からびそうなほど日差し強いです。

ちなみに宿泊施設もいくつかあります。
夜は満点の星が眺められること間違いなし!!
流れ星なんて当たり前の世界です。

フェリーチケットの購入はパース駅から
南へ徒歩約15分のところにある
エリザベスキー(Elezabeth Quay)で。

エリザベスキーへの詳細アクセスは
以下の記事を参考にしてください(*^-^*)

【参考記事】

 

⑫神秘の砂漠ピナクルズへ行ってみよう♪ (The Pinnacles)

ピナクルズ

ピナクルズ(The Pinnacles)はパースから
インディアン・オーシャン・ドライブ
(Indian Ocean Drive)を北へ250km。
車で約3時間のところにある砂漠で
ナンブング国立公園(Nambung National Park)の中にあります。

こんな道をドライブ

砂漠の中に無数の奇岩群が林立していて
とっても不思議な光景が広がります。

ピナクルズ

ユーカリの木の根が石灰質となり
浸食により長い年月をかけて残ったそうです。

魅力は奇岩群だけでなく
ラッキーだと野生のエミュー(Emu)に出会えるかも!?

野生のエミューに遭遇しました!!

ピナクルズ(The Pinnacles)内にある
ピナクルズ・ディスカバリー・センター
(Pinnacles Discovery Center)もおすすめ。

ピナクルズ・ディスカバリー・センターで購入した香りのよい石鹸。1つ600円くらい。

奇岩群への理解を深めたり
お土産が購入できるショップもあります。

アクセスは個人でレンタカーを借りるか
現地発着のツアーに参加するのがおすすめ。

観光バスで向かうツアーや
4WDでワイルドなアドベンチャーツアーもあります。
この場合、途中で砂丘を急降下したりと
アドベンチャラスなツアー内容になります。

日本からあらかじめ予約しておくこともできます。
日帰りで訪れることが可能です。

レンタカーの場合はインド洋沿いを走るので
(ハイウェイは海沿いより少し内陸になるので
ビーチ沿いのドライブではないのですが…。)
美しいビーチにふらりと立ち寄るのが超おすすめ!!
パース市内のビーチより手つかずの自然が残っていてより広大です。

途中で立ち寄ったビーチにて♪

またパースから車で30分程のところにある
カバシャム・ワイルドライフパーク
(Caversham Wildlife park)に立ち寄るのもおすすめ♪
コアラ・カンガルー・ウォンバットなどに出会えます♪

カバシャム・ワイルドライフパークにて

カバシャム・ワイルドライフパークにて

【オーストラリア政府観光局公式サイト】
http://www.australia.com/ja-jp/places/wa/wa-pinnacles-nambung-national-park.html

【カバシャム・ワイルドライフパーク(Caversham Wildlife park)】
http://www.cavershamwildlife.com.au/(英語)

⑬美しい海・ビーチ・ワイナリー・美しい街並み・グルメとすべてが揃ったマーガレットリバー♪(Margaret River)

個人的に大大大好きな観光地です(^-^)
パースの人も休日によく訪れます。
別荘を所有されている人も多いです。

パースから車で2~3時間南下(270km)
したところにあります。

何といっても有名なのがワイナリ―(Winery)!!
ワイナリーが120カ所以上もある
有数のワインの産地。
そのレベルは世界トップクラスで
受賞歴のあるワイナリーが点在。

そのほとんどで試飲もできるので
ワイナリー巡りにうってつけの場所です。
緑豊かな美しいブドウ畑が広がるので
ドライブするだけでも幸せな気持ちになれます(*^-^*)

地ビールやチョコレートも有名。
また街並みも美しく日本でいう軽井沢のような感じ♪
そう、おっしゃれ~なんです。

・ファーマーズ・マーケットで手作りチーズを購入。
・レストランでグルメ三昧。
・世界有数のサーフスポットでサーフィン。
・スノーケリングやダイビング三昧。
・インド洋に沈むサンセットを眺める。
・夜は満点の星空を眺めながらの流れ星!!
・美しい街並みにため息。

等々。

見どころ満載なので是非1泊2日で
旅程に組み込んでいただきたいところ。

レンタカーが1番おすすめです☆

あとお土産購入も含めて1999年創業の
マーガレット・リバー・チョコレート・カンパニー
(Margaret River Chocolate Company)
に立ち寄ってください。

パースで1番有名なチョコレート工場で
西オーストラリアにのみ店舗展開しています。
パース駅にも店舗があるのですが
マーガレットリバーが発祥です!!

無料の試食も豊富でワクワクすること間違いなし!!
お土産にもおすすめ!!

パース駅付近にある店舗の現地ルポは以下です。

 

⑭西オーストラリア州最古のワイン産地スワンバレー(Swan Balley)

パース市内より車で北上すること30分
に位置するスワンバレー(Swan Balley)。

西オーストラリア州で最も歴史あるワインの産地です。

マーガレットリバー(Margaret River)
ほど規模は大きくありませんが
ワイナリー、カフェ、レストランなどが点在。

40軒ほどあるワイナリー巡りを楽しんだり
グルメに持ってこいの場所です。

日帰りで行ける観光地なので
マーガレットリバー(Margaret River)を
ゆっくり巡る時間がない人におすすめです(*^-^*)

ちなみにスワンバレー(Swan Balley)にも
マーガレット・リバー・チョコレート・カンパニー
(Margaret River Chocolate Company)の店舗があります。
西オーストラリアでの店舗展開は
パースシティ、マーガレットリー、スワンバレーのみですよ-。
超濃厚なチョコレートアイスが美味!!

アクセスはレンタカーがメインになります。

【スワンバレー・ビジターセンター(Swan Balley Visitor Center)公式サイト】
http://www.swanvalley.com.au/Home(英語)

⑮巨大なウェーブ岩が圧巻!?ウェ―ブ・ロック(Wave Rock)

ウェ―ブ・ロック(Wave Rock)は
その名の通り波のような岩です。

パースから車で南東の内陸に向かって約350km。
4~5時間ほどの距離です。

高さ15m、全長110mに渡る波のような
岩が続く人気の観光スポットです。
花崗岩が浸食してできたそうです。
専門家によると27億年という
年月をかけて形成されたとか!?途方にくれます。

行き方は個人によるレンタカーか
現地発着のオプショナルツアーが一般的。
日帰りで行ける行程です。

アクセスがあまり良くないので
オプショナルツアーが1番効率的です(^-^)

個人的にはあまり感動はありませんでした(笑)

【ウェ―ブ・ロック(Wave Rock)公式サイト】
http://www.waverock.com.au/(英語)

⑯ジンベイザメやクジラに遭遇できるエクスマウス(Exmouth)

エクスマウスの海

エクスマウス(Exmouth)はパースから
北へ約1300kmという尋常じゃない距離にあります。

インド洋に面するエクスマウスは
透明度がとにかく抜群でコーラルベイが有名。
世界中からダイバーが集まります。
といっても街自体は人口3000名ほどの小さな街。

何といっても「ジンベイザメ」と一緒に泳げる観光スポットとして有名。
遭遇率ほぼ100%だとか!?

アクセスは飛行機(リアマンス空港)
レンタカー、バス、ツアー参加など。

個人的にはレンタカーで途中下車しながら
往復1週間~10日ほどかけて
西オーストラリアを満喫コースがおすすめ。

ひたすらインド洋の海岸沿いハイウェイを走り抜けます。
道中、野生のカンガルー、エミュー、
エリマキトカゲ、全長1~2mのサンドドラゴン
オオトカゲなどに遭遇します(゜o゜)
サンドドラゴンに遭遇したら
決して下車しないでください…。襲われます。

現地ではバックパッカーズや安宿がいくつかあります。
私は以前グレイハウンドバス
(greyhound bus)で友人と旅して
バックパッカーズに泊まりました。
ダウンタウンの小さなスーパ―で買い出しして
共有キッチンで料理♪

少し歩けば手つかずの自然が残る
息を飲むほどの美しい遠浅のビーチが
広がりあまりの美しさに泣きそうになりました。
小さなサメ達が悠々と泳いでいました。

現地でレンタカーを借りて周ることもできます。

時間がある人は是非エクスマウスまで
足を延ばしてほしいと思います(*^-^*)

現地発着のオプショナルツアーは
5日からあります。結構弾丸です。

【グレイハウンドバス公式サイト】
https://www.greyhound.com.au/(英語)

⑰言葉を失う美しさ!!南極海に面する究極の海エスペランス(Esperance)

エスペランスの景色①

エスペランスの景色②

私は今まで比較的多く海外旅行を
経験してきたと思いますが
私の人生において1番美しいと感じる海がエスペランス(Esperance)です。

パースから南東へ720kmの距離に位置します。

最初見た時はあまりの美しさに言葉を失いました。
タヒチ、ハワイ、マルタ共和国
ニューカレドニアなど、どの海で見た海より
エスペランス(Esperance)が断トツ1位です。

エスペランス(Esperance)は南極海に面していて
水は夏でも冷たいのですが
(ぎりぎり海水浴はOK)
エメラルドグリーン、ブルー、濃紺の
グラデーションが素晴らしく
しかも遠浅で神秘的なまでの美しさに
一瞬にして心を奪われました。

その他の観光地としては
湖面がピンクに染まる
ピンクレイク(Pink Lake)が有名な観光地。

バクテリアの影響ですが見事なピンクに
染まった湖は一見の価値ありです。

行き方はレンタカーか
飛行機で空港からレンタカー。
もしくは現地発着オプショナルツアー。
かなり強行ですが5日間ツアーからあります。

個人的にはレンタカーが断然おすすめ。

道中ウェーブロックやマーガレットリバーに
立ち寄りながら1週間ほどかけての旅行が
無理ない旅程です。
道中2泊、エスペランス2泊
帰りに2泊が良い感じ♪

飛行機だと現地でレンタカーは必須です。

エスペランス(Esperance)には
バックパッカーズ、キャラバン、コテージ
など点在しているので宿泊施設に困ることはありません。

ちなみに観光するには夏(12月~2月)が断然おすすめ!!
1度冬(6月~8月)にも訪れましたが
ビーチにワカメ?が散乱していて
夏ほどの感動が味わえませんでした…しかも寒い…(^_^;)

時間に余裕のある人は
是非是非訪れていただきたい
Lico1番おすすめの観光地です(*^-^*)

【オーストラリア政府観光局公式サイト】
http://www.australia.com/ja-jp/places/wa/pink-lake.html

【エスペランス・ビジターセンター】
http://www.visitesperance.com/visitesperance.asp(英語)

滞在費を安く抑える方法(ホテル・パックパッカーズ・Airbnbという選択肢)

Airbnbホストとの2ショット写真♡

さてパース旅行を計画される際
悩むのが宿泊施設。

パースのホテルは結構高いのが特徴。
バックパッカーズは街の中心部に多いのですが
ドミトリーが中心。個室は割高。

それで今回私が選んだのが
Airbnb(エアービーアンドピー)!!
民泊ですね(^-^)

初体験だったのですがと~っても良かったので
記事に体験談&口コミをまとめています。

宿代も安くおさえられたし
生のローカル情報が得られたし
暮らすように旅できました(*^-^*)

良かったら以下の記事を
是非参考にしてみてくださいね。

 

パースのメインエリアで一気に買えちゃう!!おすすめお土産特集

ついでにお土産特集もご紹介♪

観光になるべく時間を費やしたい人のために
パースでおさえておくべき
お土産ショッピング情報を
以下の記事にまとめています。
買い物時間を大幅に削減!!

以下お土産まとめ記事です(^-^)

 

パースの良いところ

さてここまで読み進めていただいて
私がパース(Perth)をこよなく愛する
パース(Perth)オタクだということに
薄々お気づきの人もいるかと思います(笑)

パースって本当に本当に
素晴らしいところなのです。

広大な大地に手つかずの自然…。
人も景色もただただ美しい。

もしパース旅行、留学、ワーホリ、移住
などを検討中の方には以下の記事がおすすめです(*^-^*)

 

あとピンポイントになりますが
今回の旅の滞在先(2017年2月)は
パース駅から3駅のスビアコ(Subiaco)
というお洒落な街でした♪

スビアコ(Subiaco)の魅力にも
触れているのが以下の記事になります。

 

その他のパース&オーストラリアの関連記事は以下。

 

パースに関する参考情報サイト

最後にパースのローカル情報が得られる
サイトをいくつかご紹介します。

【パースエクスプレス(THE PERTH EXPRESS)】
http://www.theperthexpress.com.au/

【パース通信】
http://www.perthnews.com.au/

【パース掲示板】
https://kaigai-bbs.com/aus/per/
【JA NEWS】
http://janews.com.au/

【エキスパース(experth)】
http://www.experth.com.au/

【西オーストラリア政府観光局日本語サイト】
http://www.westernaustralia.com/jp/Pages/Welcome_to_Western_Australia.aspx#/

「日本⇔パース」飛行機のフライト時間・時差

日本⇔パース間の行き方(フライト情報)
ですが成田・羽田含め直行便がありません…。

正確には以前は直行便があったのですが
現在(2017年6月)はもうありません。
ちょ、直行便がないのは悲しい…(涙)

日本からパースにアクセスできる航空会社

オーストラリアで1番メジャーな
航空会社は「カンタス航空」ですが少し高め。
カンタス航空は成田と羽田から経由便が飛んでいます。

シンガポール経由か
オーストラリア東海岸の
ブリスベン、シドニー経由となります。

格安航空券だと
「中国南方航空」での経由便。

その他の経由便は
「タイ航空」
「マレーシア航空」
「シンガポール航空」
「キャセイパシフィック航空」
がメジャーです。

成田・羽田・関空・
名古屋(中部国際空港:通称セントレア)
すべての空港発着の航空券が入手できます。

【名古屋⇔パース】シンガポール航空で行ってみた!!

個人的にはシンガポール航空がおすすめ!!
1人に1スクリーン付きで映画見放題だし
フライトアテンダントの対応も良いし
機内食も美味しいです♪

「名古屋⇔パース」を往復の
フライト情報(飛行時間)は以下です。

【行きのフライト情報(名古屋→シンガポール→パース)】

10:30名古屋(中部国際空港)発-SQ671便
16:50シンガポールチャンギ空港着
(名古屋→シンガポール飛行時間7時間20分)
18:40シンガポールチャンギ空港着-SQ0215便
23:55パース国際空港着
(シンガポール→パース飛行時間5時間15分)

※合計飛行時間12時間35分

行きの機内食[名古屋→シンガポール]

行きの機内食[シンガポール→パース]

【帰りのフライト情報(パース→シンガポール→名古屋)】

17:30パース国際空港発―SQ0214便
22:45シンガポールチャンギ空港着
(パース→シンガポール飛行時間5時間15分)
01:20シンガポールチャンギ空港発―SQ0672便
08:40名古屋(中部国際空港)着
(シンガポール→名古屋飛行時間6時間20分)

※合計飛行時間11時間35分

帰りの機内食[パース→シンガポール]

帰りの機内食[シンガポール→名古屋]

航空券の値段は2月で燃油サーチャージなど
すべて込みで84060円でした。

まとめ

ということで

パースのおすすめ人気観光スポット17選
&グルメ情報まとめ!!「完全保存版」でした!!

いかがでしたか。

私はパースをこよなく愛しています。
もうきっと誰よりも(笑)

街並み、ビーチ、人々そのどれもが
美しく「世界一住みたい街」という
言葉では簡単に言い表せない程の
素晴らしさがギュッと詰まっています。

住んでみたからこそ分かる現地情報もありますが
旅行で訪れるだけでもパースの良さは
きっと感じていただけると思います(^-^)

オーストラリアというとシドニーや
メルボルンなど東海岸に目が行きそうですが
パースほど美しい街はなかったと感じています。

パースの素晴らしさを日本中の人々に
体感していたくことを密かな野望としている
私としては毎年訪れて更なる魅力を
お伝えできればと思っています(*^-^*)

お役にたてる情報があったら嬉しいです(^-^)

長文最後まで読んで下さり
ありがとうございました!!

スポンサードリンク