【パース】オーストラリアのコーヒー事情:1番人気フラットホワイトって何?

スポンサードリンク

こんにちは、Licoです(^-^)

オーストラリアのパース「女1人旅ルポ②」です。

オーストラリアのカフェに行くと
必ずメニューにあるのが

“フラットホワイト(Flat White)”

オージー達が最も注文するメニューです。
パースも例外ではありません。
ニュージ―ランドでも同様なようです。
南半球特有のカフェ文化ですね♪

“フラットホワイト(Flat White)”って
一体どんな飲みものなの??

今日はオーストラリアのカフェで
オーダー時に迷わないよう
カフェ事情やコーヒーの種類を
とことんご紹介したいと思います(^-^)♪

オーストラリア:コーヒーの種類を徹底検証!!

オーストラリア コーヒーの種類 メニュー

オーストラリアで超有名なカフェ&ファミレス『DOME』のコーヒーメニュー

オーストラリアのカフェに行くと
見慣れないメニューを見かけて
戸惑うことがあるかもしれません。

私が戸惑ったのは以下4つ。

・ロングブラック(Long Black)
・カプチーノ(Cappuccino)
・ラテ(Latte)
・フラットホワイト(Flat White)

とりあえず1番上に書かれていた
ロングブラック(Long Black)と
フラットホワイト(Flat White)を注文してみました。

ロングブラック(Long Black)は
見た目ブレンドコーヒーのことでした。
ん―、でも何だか日本で飲むブレンドコーヒーと味が違う…。
何だろう…と疑問が残る。

そしてフラットホワイト(Flat White)は
見た目がまるでラテかな?カプチーノかな?と…。

でもラテもカプチーノも別途メニューにある!?

何が違うの??と
頭の中はクエスチョンだらけ…。

それにどのカフェにいっても
必ずフラットホワイト(Flat White)は
あるではないですか…しかも
かなりメジャーなようでみんな頼んでる…。

ということで調べてみました!!

「ロングブラック」「カプチーノ」「ラテ」「フラットホワイト」の違いは??

オーストラリアのコーヒーの種類で
メジャーな4つ。

なるほど~そんな違いがあったとは
驚きの結果でした。

ひとつずつ違いをご紹介してみます!!

ロングブラック(Long Black)とは

ロングブラック(Long Black)

飲みかけだけど『DOME』のロングブラック(Long Black)

簡単にいうとエスプレッソのお湯割りです。
エスプレッソのダブルショットに
その2倍くらいの量のお湯を混ぜたもの。

だから普通のブレンドコーヒーとは異なります。

味は…う―ん、個人的にはおすすめしません。
なんだか「シャビシャビ」な感じ…(^^;)

私はこれをブラックコーヒーだと思い
滞在中、何度も色んなカフェで試したのですが
どれもまずかった…(ごめんなさいm(__)m)

ドリップで煎れるブレンドコーヒーの味に
慣れ親しんでいる日本人には
評判のよい味ではないかもしれません。

カプチーノ(Cappuccino)とは

カプチーノ(Cappuccino)

カプチーノ(Cappuccino)とは
エスプレッソ1/3、スチームミルク1/3、泡立てたフロッフミルク1/3の割合でブレンドされたコーヒーのこと。
フラットホワイト、ラテに比べてエスプレッソの味が1番強いです。
オーストラリアでは上にチョコレートパウダー
ふりかけてあるものがメジャーです。

ラテ(Latte)とは

ラテ(Latte)

ラテ(Latte)とは、エスプレッソ1/5、スチームミルク3/5。上に泡立てたミルク1/5がのっているコーヒーのこと。
こちらは日本で慣れ親しんだラテ
同様のお味かと思います。

フラットホワイト(Flat White)とは

フラットホワイト(Flat White)
フラットホワイト(Flat White)

こちらが実際にパースのカフェで注文したフラットホワイト(Flat White)

最後にフラットホワイト(Flat White)とは
エスプレッソ1/3、クリーミーなスチームミルク2/3の割合でブレンドされたコーヒーのこと。

フラットホワイトの1番の特長は上に乗っているミルク!!

エスプレッソやラテよりも、
極めてキメの細かい泡が最大の特徴
スチーマーで丁寧に作られていて
見た目もお味もと~~ってもクリーミーです♪

これは日本でいただけない
オーストラリア独自のコーヒーですね。

4つのコーヒー共通点まとめ

これら4つのメニューは
いずれもエスプレッソベースということ。

ということでオーストラリアのカフェは
エスプレッソが基本なのですね。

もちろんエスプレッソのみのショットも
メニューにあります(^-^)

4つのコーヒー違いまとめ

これら4つのメニューの違いは

カプチーノの割合
ミルクの割合

でした!!

ロングブラック(Long Black)はミルクなしですが
他の3つはスチームミルクまでもが
作り分けされているということでした。

しかもフラットホワイト(Flat White)
に関しては使われるミルクの種類も
作る過程も違うというこだわりでした。

オーストラリアのカフェ事情おまとめ

ということで今回ご紹介した
オーストラリアのカフェ事情いかがでしたか?

オーストラリアの「コーヒーの種類」
奥が深いですね~。
独自のコーヒー文化があって面白いです。

旅行しながら感じたことですが
フラットホワイト(Flat White)はまさに
オーストラリアの国民的ドリンクと言えそうです(^-^)

私は美味しいブレンドコーヒーを
探し求めてロングブラック(Long Black)を
オーダーし続けるといういう
不毛な時間を過ごしましたが…(^^;)

ブレンドコーヒーが飲めないのであれば…

次回の訪問時は思う存分
フラットホワイト(Flat White)
を満喫しようと心に決めております。

以上、オーストラリアの「コーヒーの種類」と
「カフェ事情」ルポでした(*^-^*)

【パース旅行まとめ記事:これさえ読めば大丈夫!!全記事リンク付き!!】

 

スポンサードリンク