【マレーシア】KLのオールドチャイナカフェでニョニャ料理のラクサに舌鼓@チャイナタウン

「オールド・チャイナ・カフェ」(Old China Cafe) クアラルンプール KL 口コミ

スポンサードリンク

マレーシア:クアラルンプール(KL)
「夫婦旅ルポ⑫」です。

今日はチャイナタウンにある
ニョニャ料理で有名なカフェをご紹介♪

私達が行ってきたのは

「オールド・チャイナ・カフェ」
(Old China Cafe)

るるぶマレーシア クアラルンプール・ボルネオ (るるぶ情報版(海外))
D19 地球の歩き方 マレーシア ブルネイ 2017~2018
クアラルンプール マレーシア (タビトモ―アジア)
と有名どころのガイドブックでは
必ず紹介されている超人気店です。

王道中の王道カフェです(笑)
王道のお店には
逆に厳しい目線で挑む私ですが…
さて、アタリかハズレか…!?

早速、食ルポしてみます!!

【KL旅行♪全記事リンク付まとめ記事】

「オールド・チャイナ・カフェ」(Old China Cafe)店内の様子

「オールド・チャイナ・カフェ」(Old China Cafe) クアラルンプール KL 口コミ

お店の外観です。

少し斜めからバージョン

「オールド・チャイナ・カフェ」
(Old China Cafe)はチャイナタウンの外れにあります。

詳しい行き方は後ほどご紹介しています。

月曜日のディナータイムに
行ったのですがほぼ満席でした。

ローカル率高いです!!
地元で人気なのが伺えます。

「オールド・チャイナ・カフェ」(Old China Cafe) クアラルンプール KL 口コミ

店内の風景

「オールド・チャイナ・カフェ」(Old China Cafe) クアラルンプール KL 口コミ

店内の風景

「オールド・チャイナ・カフェ」(Old China Cafe) クアラルンプール KL 口コミ

店内の風景

入口はウェスタンスタイル♪
店内は薄暗くてアンティークがいっぱい。
家具もスタイリッシュでクラシカル。

カフェの建物は植民地時代の
商業施設を改装した建物だそう。

そんなに大きくはないけれど
なかなな素敵です(^-^)

「オールド・チャイナ・カフェ」(Old China Cafe)1番人気のおすすめメニューは「ニョニャ・ラクサ」だ!!

「オールド・チャイナ・カフェ」(Old China Cafe) クアラルンプール KL 口コミ

1番人気は

「ニョニャ・ラクサ」
(Nyonya Laksa)

ということで
早速、生ビールと一緒に注文。

タイガービールのジョッキですがカールスバーグビールです(笑)

主人は私の分のアフタヌーンティー
を食べ過ぎてお腹いっぱいだったので
コーヒーを頼んでいました。

「オールド・チャイナ・カフェ」(Old China Cafe) クアラルンプール KL 口コミ

コーヒー

コーヒーはまるで紅茶のように
ポットでサーブされました。
しかもドリップでなく本当に
紅茶をいれるようにお湯でコーヒーの粉が
蒸らされてました。
伝統的ないただき方なのでしょうか。斬新。。。
味は…エスプレッソをお湯で薄めたような…
う―ん、何とも言えない味でした(^^;)

「オールド・チャイナ・カフェ」(Old China Cafe) クアラルンプール KL 口コミ

見た目は普通のコーヒー

私はビールを飲みながら待っていたら
早速ニョニャ・ラクサがサーブされました♪

「オールド・チャイナ・カフェ」(Old China Cafe) クアラルンプール KL 口コミ

きました!!スープのどろどろ感…伝わりますか!?

まずはスープをいただきました。
ココナッツたっぷりの濃厚スープです。
魚介のダシもしっかり効いていて
私が大好物な”アジアの味”です。
ラクサのスープは魚やエビからダシをとります。

”辛み”と”甘み”の融合が素晴らしい。

しかもライムが添えられているので
これをスープに絞りかけます。
”酸っぱさ”も加わって複雑ながら最高のお味。

東南アジアの料理は日本では
決して味わえない独特さがあってハマります。

具はフィッシュボール、エビ、はんぺん
揚げ、ゆで卵、キュウリの千切りなど。

色んな具がはいっています。

麺は結構しっかり噛みごたえのある
卵麺…だけでなく極細の米粉麺もはいっています。

「オールド・チャイナ・カフェ」(Old China Cafe) クアラルンプール KL 口コミ

こっちが卵麺。

「オールド・チャイナ・カフェ」(Old China Cafe) クアラルンプール KL 口コミ

下のほうから極細の米粉麺が、たっぷりでてきました。

クセになる味わいでどんどん進みます。
スープも最後の1滴まで美味しくいただきました(^-^)

オーダーからお会計までの流れ

お会計はバーカウンター横のレジで済ませます。

以下、オーダーしたものです。

「ニョニャ・ラクサ」(Nyonya Laksa)
10.9RMリンギット
(約305.2円)

「カールスバーグ・生ビール」(Carlsberg Draught Beer)
13.9RMリンギット
(約389.2円)

「コーヒー」(Traditional Melaka Blend)
6.9RMリンギット
(約193.2円)

これに6%のGST(税金)が加算され

合計金額は

36.95RMリンギット
(約1035円)

でした。
クレジットカードもOKです。

マレーシア安いです。
ほんと感動的♪
心まで優しくなれそうです。

店員さんも無口ながら丁寧な接客で
気持ち良くカフェを後にしました(^-^)

「オールド・チャイナ・カフェ」(Old China Cafe)に行ってきたまとめ

帰るときは周りが暗くなっていました。

「オールド・チャイナ・カフェ」
(Old China Cafe)

いかがでしたか。

有名どころのガイドブックには
必ず載っている「オールド・チャイナ・カフェ」
美味しかったです…アタリ(*´▽`*)

ここはスープのダシがしっかりなので
とても丁寧に作られていることが分かりました。

マレーシアに行ったら
マレーシア独自の文化・歴史から生まれた
「ニョニャ料理」を是非食べてみてくださいね♪

ちなみに「ニョニャ料理」とは
マレー料理と中華料理が融合してできた
マレーシア独自の料理です。

マレーシアは本当に食文化が面白い!!

「オールド・チャイナ・カフェ」(Old China Cafe)の詳しい行き方

「オールド・チャイナ・カフェ」(Old China Cafe) クアラルンプール KL 口コミ

「オールド・チャイナ・カフェ」(Old China Cafe) 周辺はこんな雰囲気です。

「オールド・チャイナ・カフェ」
(Old China Cafe)は

チャイナタウンの少し外れ南側にあります。
スリ・マリアマン寺院から徒歩5~6分といったところ。

最寄り駅はLRT(クラナ・ジャヤ)線の
PASAR SENI(パサール・セニ)駅。
KLセントラルから一駅の駅です。

駅からは南東へ徒歩6分の距離です。
駅からのルートは以下の地図に載せておきます。

「オールド・チャイナ・カフェ」(Old China Cafe) クアラルンプール KL 口コミ

Jalan Balai Polis通り沿いにあります。

Jalan Balai Polis通り沿いにあります。
結構人通りが少なくなるので
夜の1人歩きは避けた方が良いかもしれません。

女性1人旅であれば昼間がおすすめです。

「オールド・チャイナ・カフェ」(Old China Cafe)のお店情報はこちら

名称 「オールド・チャイナ・カフェ」
(Old China Cafe)
住所 11, Jalan Balai Polis, 50000 Kuala Lumpur
営業時間 11:30-22:30
定休日 無休
電話番号 603-2072-5915
お店のHP http://www.oldchina.com.my/cafe.html

スポンサードリンク