【香港】シンフォニーオブライツを尖沙咀プロムナードから鑑賞(動画付)-九龍島

スポンサードリンク

こんにちは、Licoです(^-^)

「香港2泊3日弾丸ひとり旅ルポ㉕」です♪

香港100万ドル夜景のハイライトとして
光と音のナイトショーで知られる

『シンフォニー・オブ・ライツ』
(A Symphony of Lights)

毎晩20:00~20:13まで
香港島と九龍島を結ぶ
ヴィクトリア・ハーバーで無料開催されています。

「混雑必至」とか「実はしょぼい」
なんて口コミが目についていたけれど…(;´∀`)

実際はどうだったのか…
個人的感想を口コミしてみます!!

【これさえ読めば大丈夫!!香港旅まとめ記事(全記事リンク付)】

 

香港の『シンフォニー・オブ・ライツ』とは

香港の『シンフォニー・オブ・ライツ』とは
香港島を九龍島を結ぶ
ヴィクトリア・ハーバー両岸に建つ
44のビルが音楽とナレーションに合わせて
行う光のショーです。

ビル自体がライトアップされたり
ビルの先端からレーザーが出たり。

そのスケールはギネス記録に
認定されたというから期待が膨らみますね!!

開催場所

ヴィクトリア・ハーバー
(Victoria Harbour)

開催時間

時間は

毎晩20:00~20:13

おすすめ鑑賞場所①「尖沙咀プロムナード」

1番有名どころの鑑賞場所は

「尖沙咀プロムナード」
(Tsim Sha Tsui Promenade)

九龍島側のハーバー沿いに位置し
プロムナード一帯が鑑賞場所になります。

遊歩道にはテラスがあり座って
香港島のショーを鑑賞できます。

だいたい20~30分前くらいから
場所取りが始まるので間に合わないと
立ち見となります。

今回私もこのプロムナードから鑑賞しました♪
後ほど詳細ルポします。

尖沙咀駅(チムサーチョイ:Tsim Sha Tsui)
J4出口から徒歩5分です。

おすすめ鑑賞場所②「エキスポ・プロムナード」

「エキスポ・プロムナード」
(Expo Promenade)

は香港島側に位置します。

『シンフォニー・オブ・ライツ』は
香港島・九龍島ともに
ライトアップされるので
ここからは九龍島の光のショーが鑑賞できます。

場所は湾仔駅(ワンチャイ:Wan Chai)
A1出口から徒歩15分。

香港島に比べると九龍島のライトアップは
地味なので初めての人はやはり
尖沙咀プロムナードがいいかもしれません。

おすすめ鑑賞場所③ハーバーツアーに参加してフェリーから鑑賞

ヴィクトリア・ハーバーを走る
観光クルーズ船に乗車して
香港島と九龍島両方のショーを
360度堪能できるという贅沢なツアー。

もちろん有料。
人気なので「事前予約必至」だそう。

いくつかの会社が運行していて

料金は130~205HK$
(約1950円~3075円)

と幅広くあるようです。

ガイドブックだと
るるぶ香港 マカオ’18超ちいサイズ (るるぶ情報版海外)
まっぷる 香港 マカオ mini (まっぷるマガジン)
に詳細情報が掲載されています。

次回は是非このツアーに
参加してみたいと思っています。

『シンフォニー・オブ・ライツ』を見る場所のテッパンは「尖沙咀プロムナード」

「尖沙咀プロムナード」に近づくとなかなかの人だかり。ここ1番混んでいたエリア。

ということで今回は
見る場所のテッパンと言われている
「尖沙咀プロムナード」で鑑賞!!

タダですし(笑)

「尖沙咀プロムナード」から鑑賞する
1番のメリットはスピーカーが近いので
音声が良く聞こえるということです。

香港一の繁華街であり
1番の観光スポットである
尖沙咀(チムサーチョイ:Tsim Sha Tsui)
からすぐなので立地も抜群です。

香港一有名なペニンシュラホテル
の近くでもあります。

「尖沙咀プロムナード」の混雑具合は?

少し開けた場所だとこんな感じで混んでいます。ここはプロムナード2階部分。

混雑具合ですが。。。

私は土曜日の夜という
1番激混みな日に訪れました。

しかも前の予定がおして
到着したのは20:00ジャスト!!

事前に場所取りしていたであろう人は
余裕で着席でしたがそれ以外は
みんな気軽に立ち見です。

行ってみて思ったのですが
「尖沙咀プロムナード」って
長いし広いのです。

プロムナードは2階部分なので
やっぱりそこは結構混んでいました。

でも1階部分は比較的空いていて
ちょっとした隙間に入り込めたし
立ち見ですが最前列で鑑賞できました。

1階部分は人も多くないのでゆったり鑑賞できました。
穴場かも。

混雑具合をまとめると

「どうしても座って見たい!!」
という人でなければそこまで頑張って
場所取りしなくてもいいんじゃないかなーと思います。

実際、混んではいたけれど
日本の花火大会なんかと比べると
全然混み具合はやさしいです。

「夜風にあたりながら
ふら~っと来てみたわ♪」

そんな「ノリ」で行ける感じと
個人的には感じました。

『シンフォニー・オブ・ライツ』を鑑賞してみた感想を口コミ【動画あり】

では実際に
『シンフォニー・オブ・ライツ』を
鑑賞してみた感想を口コミします。

そうですね…まず音楽ですが
私は勝手に幻想的で荘厳な音楽を
想像していたのですが

実際は結構明るいポップテンポの
「香港」らしい音楽が流れたので
そこでまずは「おお、そうきたか」
となりました。

それでライトとレーザーですが
確かに色んなビルから出ています…
出ていますが…

何しろ1点に固まっているというよりも
結構幅が広いので分散していしまって
大きな感動はあまり感じず。。。でした。はい。

「しょぼい」という口コミが否定できない
感想となりました。

以下、動画をご覧いただくと
少し感じが分かるかもしれません。

まあこの日は少し天気も悪く
雲もでていたので晴れていたら
もう少し光レーザーが
鮮明に鑑賞できたのかなと思います。

参考までに明るい時間の「尖沙咀プロムナード」はこんな感じ

海が見たくて「尖沙咀プロムナード」を
昼間にも訪れたので、ご参考までに
画像を載せます。

昼間もスイーツやドリンク片手に
フラッと立ち寄るのおすすめ。

行き交うフェリーや香港島の摩天楼を
眺めているだけで幸せな気持ちになりました(*^^*)

香港の『シンフォニー・オブ・ライツ』まとめ

ということで香港で鑑賞した

『シンフォニー・オブ・ライツ』
(A Symphony of Lights)

のご紹介でした。

いかがでしたか。

個人的にはやっぱりフェリーからの鑑賞が
クルージングも楽しめるし
360度夜景という香港のダイナミックさも
きっと肌で感じることができるし
いいのかもしれません。

気軽に鑑賞であれば断然
「尖沙咀プロムナード」がおすすめ。

ご参考になれば嬉しいです♪

スポンサードリンク