【パース】フリーマントルを効率良く満喫できるおすすめ観光ルート完全保存版!!穴場もあるよ!!

スポンサードリンク

こんにちは、Licoです(^-^)

オーストラリアのパース「女1人旅ルポ⑭」です。

パース駅から電車で約30分のお洒落な街

フリーマントル(Fremantle)

パースを訪れた人は必ず立ち寄る
恐らく1番有名な観光スポットです♪

今日はパースに留学経験のあるわたくしLicoが
フリーマントルを余すことなく効率よく
大満喫できるおすすめ観光ルートを
画像た~~~っぷりでご紹介します!!

完全保存版ですよ~

ではいってみましょう!!

おすすめ観光ルートを地図にしてみたよ!!

おすすめ観光ルート

まずはおすすめ観光ルートの全体像を地図でご紹介♪
最後にGoogleMapも載せてます。

①メインストリートで街歩き♪
②フリーマントルマーケットでローカル気分♪(金土日のみ)
③フリーマントルフィッシングボートハーバーでシーフードを堪能♪
④バザーズビーチ(Bathers Beach)で心の洗濯♪
⑤イーシェッドマーケット(E-Shed Market)でウィンドウショッピング♪

ひとつずつ詳細をルポしていきます!!

①メインストリートで街歩き♪

フリーマントル駅からスタート!!

まずフリーマントル駅を降りると
目の前に大きな道がありますが
そこがメインストリートの
マーケットストリート(Market Street)です。
途中でなぜかサウステラス(South Terrace)という
名前に変わりますが謎です。迷いません。というか気づきません。

メインストリートはカフェやレストランがたくさん♪
どこで休憩するか決めながらの散策も楽しいですね。

雰囲気も抜群なので歩いているだけで
テンションあがります(^-^)

メインストリートに向かう駅前の道

地図でチェック!!

メインストリートの風景

メインストリートの風景

メインストリートの風景

メインストリートの風景

メインストリートの風景

メインストリートの風景

メインストリートの風景

メインストリートの風景

メインストリートの風景

②フリーマントルマーケットでローカル気分♪(金土日のみ)

フリーマントルマーケットの入口

15分ほど歩くと左手に
フリーマントルマーケット(Fremantle Market)
の入口が見えてきます。

マーケットの建物全体。メインストリートを歩くと左手に見えてきます。

レンガ造りで目立つ建物なので迷わないと思います。

何といってもここはフリーマントルで
1番の観光スポット!!

週末ともなると多くの人で賑わいます。
マーケットは屋内なので雨の日でも安心♪

軽く100は超えるであろうお店が
ずらりと立ち並んでいてぶらぶら歩くのに最高のスポット!!
マーケットの規模はパース1です。

値段は全体的にお高め…。

ここではお手頃価格で購入できる
果物やフレッシュジュースがおすすめ。

建物奥に新鮮な果物や野菜が並ぶエリアがあり
とても活気があります。

私はここでカットされたマンゴーを購入。
めっちゃ甘くて美味しかった~
パースは本当に果物が新鮮で甘くて美味しいです(^-^)

たっぷりのマンゴーを5ドル(約430円)でゲット!!

マーケット出口付近の椅子に座っていただきました♪

フリーマントルマーケットの風景

フリーマントルマーケットの風景

フリーマントルマーケットの風景

フリーマントルマーケットの風景

フリーマントルマーケットの風景

フリーマントルマーケットの風景

フリーマントルマーケットの風景

フリーマントルマーケットの風景

フリーマントルマーケットの風景

フリーマントルマーケットの風景

フリーマントルマーケットの風景

フリーマントルマーケットの風景

フリーマントルマーケットの風景

フリーマントルマーケットの風景

フリーマントルマーケットの風景

フリーマントルマーケットの風景

フリーマントルマーケットの風景

フリーマントルマーケットの風景

フリーマントルマーケットの風景

フリーマントルマーケットの風景

フリーマントルマーケットの風景

お手洗い

トレイの数もあるし結構キレイ

フリーマントルマーケットオープン時間の案内です。

③フリーマントルフィッシングボートハーバーでシーフードを堪能♪

フィッシングボートハーバーの風景

マーケットから海の方へ少し歩くと
フリーマントルフィッシングボートハーバー
(Fremantle Fishing Boat Harbour)
が見えてきます。

これがサイン♪

週末は本当にすごい人で賑わっています。
ここでは是非シーフードを味わっていただきたい!!

みんなビールやワインを飲みながら
シーフードにかぶりついていました。

思わず生唾でます…。

でもレストランのパティオ席は
1人では無理かも(´;ω;`)ウゥゥ

私は1人だったけれど果敢に挑もうと思ったのです。
ですが見渡す限りお1人様がいなかった…。

それもそのはず。
量が半端ないのでとても1人で食べきれる量ではなかったのです。

こんなどでかいシーフードが食べれます♪

フィッシングボートハーバーの風景

フィッシングボートハーバーの風景

フィッシングボートハーバーの風景

フィッシングボートハーバーの風景

ということで諦めて少し外れにある
テイクアウトスタイルのお店で
(すみません…お店の名前メモ忘れ…m(__)m)

フィッシュ&チップス(Fish & Chips)に
シーフードフライが加わったものをオーダー

以下、写真のボリュームで18.5ドル(約1591円)
それにアップルサイダー(Apple Cider:りんごのお酒)もオーダー。
ボトルで8ドル(約688円)

この日のお昼は1人26.5ドル(約2279円)でした。

フィッシュ&チップスとアップルサイダー♪

1人前なのだけど到底食べきれる量ではなく
残った分を「お持ち帰り」したいと伝えたら
専用のビニール袋をくれました(^-^)

次回はレストランでのシーフードランチ
リベンジするぞ~~!!

【参考URL】
http://fremantlefishingboatharbour.com/

④バザーズビーチ(Bathers Beach)で心の洗濯♪

バザーズビーチ!!絶景です♡

海沿いをフリーマントル駅に向かって歩くと
バザーズビーチ(Bathers Beach)が見えてきます。

突然見えてくるのですが
その美しさに思わずハッと息をのみます。

インド洋に面するパースの海は
どこに行っても本当に美しいです。

もうため息が止まらない…。

屋根つき桟橋みっけ

屋根付きの桟橋があったのでのんびりしました♪

「あぁ…心が癒される」

心の洗濯中~

パースは空気がドライなので
日陰は涼しく海風が最高に気持ち良いです。

知らない人が写真を撮ってくれて良い思い出ができました♪

ビーチへの道♪私は海は「見る」専門です。

ベイサイドには海の見えるカフェ(パブ)
もあるので立ち寄ってみてもいいかも♪

海の見えるカフェもあります。お酒も飲めます♪

ビーチをしばらく歩くと高台もあって
そこからの眺めはまさに絶景です。

高台

高台への階段

高台への道

高台てっぺん

バザーズビーチ(Bathers Beach)は
実はあまり知られておらず穴場スポット
観光客の姿はとても少ないです。

ですがフリーマントルに来られた際は
是非この美しいビーチにも
立ち寄ってみてください(*^-^*)

⑤イーシェッドマーケット(E-Shed Market)でウィンドウショッピング♪

イーシェッドマーケット

ビーチをゆっくり堪能した後は帰路へ。

フリーマントル駅に向かう途中
イーシェッドマーケット(E-Shed Market)
と呼ばれる大きな倉庫を改装したマーケットがあります。

イーシェッドマーケット外観。けっこうでかい。

外でカフェタイムを楽しむ人々

フリーマントルマーケットに比べると
こっちは完全に「お土産屋さん」です。
しかもベタベタな…。値段も高め。

なかなかシュールなものも並ぶので(^^;)
雰囲気だけ楽しむのが良いかなぁ。

イーシェッドマーケットの風景

イーシェッドマーケットの風景

イーシェッドマーケットの風景

イーシェッドマーケットの風景

イーシェッドマーケットの風景

イーシェッドマーケットの風景

イーシェッドマーケットの風景。シュールさを感じるのは私だけでしょうか…

イーシェッドマーケット(E-Shed Market)
まで来るともうフリーマントル駅が
見えてくるので踏切を渡ればすぐ到着です!!

全ルートおまとめ

ということでおすすめ観光ルートの地図もういっかい載せてみます。

全部歩いても2.3km。

約30分で歩けちゃう距離なので
半日でもいけるし、1日あればたっぷり堪能できます。

ということで以上で

「フリーマントルを効率良く満喫できるおすすめ観光ルート完全保存版!!(穴場つき)」

でした!!

最後までお読みくださりありがとうございました(*^-^*)

【フリーマントル観光ルート】

【パース駅からフリーマントル駅までのアクセスはこちら】

【関連記事】

【パース旅行まとめ記事:これさえ読めば大丈夫!!全記事リンク付き!!】

スポンサードリンク