【パース】1番人気のコテスロービーチ徹底ルポ(画像&動画いっぱい)

スポンサードリンク

こんにちは、Licoです(^-^)

オーストラリアのパース「女1人旅ルポ⑩」です。

今日はオーストラリアのパースで1番人気の
コテスロービーチ(Cottesloe Beach)を
徹底ルポしてみたいと思います!!

パース旅行・留学・ワーホリを計画中の人必見!!

オージー流の楽しみ方や
現地で撮った画像や動画など
モリモリご紹介していきます―。

ではいってみましょう!!

コテスロービーチ(Cottesloe Beach)の紹介

コテスロービーチ(Cottesloe Beach)は
パース駅から電車で約20分。(乗り換えなし)
市内で最も行きやすいビーチとして知られています。

ビーチ周辺は高級住宅地として知られ
豪邸が立ち並んでいます。

オシャレなカフェやレストランも多く
週末ともなると多くのローカル達で賑わいます。

海の透明度だけを優先するなら
他におすすめのビーチはありますが
とても楽しいエリアだし
オージーライフを垣間見れる
絶好のスポットと言えるのでおすすめ(^-^)

パースの海岸沿いはインド洋に面していて
夕陽の美しさはバツグンです。

是非、海水浴のみならず
カフェ、パブ、夕陽も楽しんでほしいスポットです。

コテスロービーチ(Cottesloe Beach)の風景

コテスロービーチ(Cottesloe Beach)の風景

コテスロービーチ(Cottesloe Beach)の風景

コテスロービーチ(Cottesloe Beach)の風景

コテスロービーチ(Cottesloe Beach)の風景

コテスロービーチ(Cottesloe Beach)の風景

コテスロービーチ(Cottesloe Beach)の風景

コテスロービーチ(Cottesloe Beach)の風景。遊歩道の散歩もおすすめ♪

コテスロービーチ(Cottesloe Beach)の風景

コテスロービーチ(Cottesloe Beach)の風景

コテスロービーチ(Cottesloe Beach)の風景

コテスロービーチ(Cottesloe Beach)の風景

コテスロービーチ(Cottesloe Beach)の風景

コテスロービーチ(Cottesloe Beach)の風景

コテスロービーチ(Cottesloe Beach)の風景

コテスロービーチ(Cottesloe Beach)の風景

(Cottesloe Beach)の風景

コテスロービーチ(Cottesloe Beach)の風景

コテスロービーチ(Cottesloe Beach)の風景

コテスロービーチ(Cottesloe Beach)でおすすめ過ごし方5選

コテスロービーチ(Cottesloe Beach)で
人間観察すると楽しみ方も人それぞれ。

コテスロービーチでの
オージー流素敵な過ごし方5選をまとめてみました。

海水浴

コテスロービーチは遠浅なので子供にも安心。
海水浴やスノーケリングを楽しむ姿が多く見られます。

ライフセーバーの方もいるし
無料のシャワールームもあるので
とても気軽に海水浴を楽しむことができます。

海を眺めながらカフェorパブ

もうこれは私専門の楽しみ方なのですが(笑)
海を眺めながらワイン…なんて至福です。
もう1回言います、はい至福です。

オーストラリアは昼間からパブやレストランなどで
お酒を楽しむ人々がふつ―――にいるので
お酒好きであれば是非!!

海を眺めてぼ―――っとすると
色んなことがどうでもよくなる瞬間があります(笑)

海には不思議なパワーがありますね。
エネルギーチャージしたい時にもおすすめ。

ラッキーだとイルカが泳ぐ姿を見れたりします。

コテスロービーチ(Cottesloe Beach)は
そんな環境が揃っている素敵な観光スポットです

あ、もちろんカフェもありますよ―。

昼寝

昼寝中♪

紫外線の強さは殺人的なので日焼けは
絶対!!おすすめできませんが
日陰でのお昼寝はなかなか良いです♪

パースは日差しは強いのですが
空気がドライなので真夏でもほとんど汗をかきません。
それにビーチは風もあるので日陰でのお昼寝は
とっても気持ちよいです。

波の音を聞きながらうとうと…。
私も木陰で昼寝してみました。
賑やかなエリアのわりに熟睡できて大満足でした♪

持ってたストールを敷いて昼寝準備万端♪

ビーチでお酒を楽しむ

ここにも

カフェやパブで海を見ながらのひと時も素敵ですが
よりビーチに近い芝生を陣取り、持ち寄りの
お酒をピクニック気分で楽しむのもオージー流。

以下は夕陽後にビーチ周辺で撮影したものですが
なかなか多くのオージー達がお酒を飲みながら
楽しむ姿を見ることができました。

日本ではあまりないスタイルですね♪

パースは良くも悪くもあまり娯楽のない
街なのですがビーチや緑の多さは日本と
比べものにならないほど恵まれて言います。

“自然と共に生き、自然を精一杯楽しむ”

そんなパースの人々を見ると
「世界一美しい街」と言われる理由が
心から理解できる気がします。

あそこにも

そこらへんに

夕陽を見る

コテスロービーチ(Cottesloe Beach)で見た夕陽。

パースのビーチはすべてインド洋に面していて
海の美しさは格別ですが夕陽も必見です。

時間が許すのであれば是非「夕陽」を
見ていただきたい。

夕陽の時間になるとそこにいるすべての人が
海に沈む太陽を眺め、あたり一帯、独特の空気が流れます。

私はこの時間を、心から心から愛しています。
(パースが好きすぎるので若干熱がこもってしまいすみません…(笑))

留学時代、コテスロービーチの夕陽を見るため
何度足を運んだことか…。

ラッキーだと夕陽が沈んだ後
空の色の変化を楽しむことができます。

私が今回訪れた時は曇り空で
あまりキレイな写真が撮れなかったのですが
後日、パースに住む友人が素敵な写真を
送ってくれました。

何とも幻想的なパープルスカイ(Perple Sky)。日々違った空を見せてくれます♡

これ地元ではパープルスカイ(Purple Sky)と
呼ばれています。

私も留学中何度も見たのですが
日没後の空の色の変化がとにかくスゴイのです。

ピンクやパープルに変化し
まるでオーロラのように見える日もあります。

日本では決して見られない不思議な空。
ピーカンに晴れている日がおすすめ。

期待して行ってみてください(^-^)

私も来年あたり是非またリベンジしたい!!

芝生で寛いでた人もみんな夕陽を眺め…

ビーチにいた人もみーんな夕陽をながめ…

私も空の色の移ろいを楽しむ♪

日没後

日没後

2月の日没はだいたい19:00頃。

コテスロービーチ(Cottesloe Beach)へのアクセス方法

コテスロービーチまでは電車で行けます。
最寄り駅はコテスロ―駅(Cottesloe Station)です。

パース駅~コテスロ―駅まで

コテスロー駅(Cottesloe Station)ホーム

パース駅(Perth Station)から
コテスロ―駅(Cottesloe Station)までは
フリーマントル線(Fremantle Line)で1本。

約20分です。電車の頻度は約15分おきなので
タイムテーブルを事前にチェックする必要はないです。
夜は本数が減るので事前に確認してください。

電車の乗り方の詳細は以下の記事をご参考に♪
コテスロ―駅(Cottesloe Station)
までのアクセス詳細も載せています(^-^)

電車があと何分でくるかボードで教えてくれます。

コテスロー駅~コテスロービーチまで

コットキャット(Cott Cat)と呼ばれる無料のシャトルバスが出ています。

コテスロー駅(Cottesloe Station)から
コテスロービーチ(Cottesloe Beach)まで
歩くと私の足で約15分。男性なら10分かも。

一直線に真っすぐ進むだけなのでシンプルです。

でも夏の日中は日差しも強いからか
なんと駅前からコットキャット(Cott Cat)
と呼ばれる無料のシャトルバスが
15分おき1730まででていました。
(2017年2月時点の情報)

バスに乗ってしまえば5分で到着。
ビーチの目の前に停まってくれて
帰りも降りた場所と同じ場所で乗れます。

ただし運行が1730までなので
夕陽を見たい人は帰りは徒歩です。

治安は悪くないですが道が結構暗いです。

駅に降りたらパース方向の出口に向かう。

突きあたったら左折。

コットキャット(Cott Cat)のタイムテーブル発見♪

バス発見!!

車内の様子

車内の様子

約5分でコテスロービーチ目の前に停車。帰りも同じ場所から出発です。

バスから降りてビーチに向かう人々♪

※地図だとぐるっと遠回りする感じですが
実際にはパース方向の出口からビーチ(西)
に向かって一直線です(^-^)

まとめ

いかがでしたか。

パースを訪れる観光客が1番多く訪れるビーチが
恐らくコテスロービーチ(Cottesloe Beach)。

パースで1番人気の観光地である
フリーマントル(Fremantle)からも
電車で約10分ということもあり
セットで楽しむのにも絶好のスポット!!

パースを訪れた際はぜひぜひ
行ってみてくださいね(*^-^*)

以上、パースを愛しすぎるLicoによる
コテスロービーチ(Cottesloe Beach)徹底ルポでした!!

【関連記事】

【パース旅行まとめ記事:これさえ読めば大丈夫!!全記事リンク付き!!】

スポンサードリンク