【カフェ&パブ】英語でオーダーお役立ちフレーズ集♪オーストラリア編

スポンサードリンク

こんにちは、Licoです(^-^)

オーストラリアのパース「女1人旅ルポ③」です。

オーストラリアはカナダ、イギリス、アメリカ
などと異なり独特の言い回し(フレーズ)
があったりします。

なので聞き慣れないこともあるかもしれません。
いわゆるオージーイングリッシュですね。

今日はオーストラリアに留学経験のあるLicoが
オーストラリアのパブやカフェで
戸惑わずに楽々オーダーできちゃう
フレーズ集を大公開しようと思います♪

【オーストラリアのカフェ&パブ】オーダーの流れ

パブのカウンター

オーストラリアのカフェやパブは
とってもカジュアル♪

多くの場合、好きなところに席を確保
カウンターでオーダー&支払いを済ませます。

ドリンクなどお代わりしたい時は
その都度カウンターでオーダー&支払いを繰り返します。

フードをオーダーした時はだいたい
ナンバープレートがもらえるので
テーブルに置いて待っていれば
スタッフが持ってきてくれます♪

そして帰るときテーブルはそのままにしてOK。

オーストラリアにチップの習慣はありません

それに税込み価格のみ表示されているので
とってもシンプルです♪
日本みたく小銭が増えることもあまりありません。

お役立ちフレーズ集

では早速オーダー時のお役立ちフレーズを
ご紹介します!!

オージーはとってもフレンドリー♪挨拶編

カフェのカウンター

まず席を確保してからカウンター。
席が空いていたらオーダーしてからでもOK。

オージーはとってもフレンドリーなので
笑顔で以下のように話しかけてきてくれるでしょう。

ウェイター
How are you guys today?
How ya’ going? =How are you?
How’s it going? =How are you?
(ご機嫌いかがですか?)
I’m fine(good), thank you.
(元気です、ありがとう。)

などと返事してみましょう(*^-^*)

オーダー前に必ず聞かれること

ウェイトレス
Dining in or take away?
Have(eat) here or take away?
(ここで食べていかれますか?それともお持ち帰りですか?)
I’ll have here.(ここでいただきます。)
For here, please.(ここでいただきます。)
I’ll take away.(持ち帰ります。)

これは必ずといって聞かれます。

補足説明
カナダやアメリカではお持ち帰りのことを「to go」と表現することが多いのですがオーストラリアでは「take away」と表現するのが主流です。

カウンターで注文してみよう♪

ウェイター
What Can I get for you?(何にしますか?)
What are you having today? (今日は何にしますか?)
What can I get you today?(今日は何にしますか?)
Can I have(get) Flat White please?(フラットホワイトコーヒーください。)
I’ll have(take) Cappucino.(カプチーノをください。)
Can I have coffee to take away?(コーヒーをテイクアウト出来ますか?)
I’ll have draft beer.(生ビールをお願いします。)
注意!!
NGなのは「I want ~.」これはカジュアルすぎるので使わないほうがよいです。I wantは家族や友人間などごくごく親しい中で使用するフレーズです。カフェなどでは「Cappucino, please.」のが「I want~.」よりまだベターです。

おすすめを質問してみよう♪

What do you recommend?(何がオススメですか?)
Then I’ll have that. (じゃあそれをください。)

細かいオーダーをしてみよう♪

Do you have decaf coffee?(カフェイン抜きのコーヒーはありますか?)
ウェイター
Yes, we do. We have decaf coffee and some herb teas.
(あります。カフェインレスコーヒーと、ハーブティーがいくつかあります。)
What’s in 〇〇?(〇〇には何がはいってますか?)
Without sugar, please.(砂糖抜きでお願いします。)
Can I have soymilk instead milk?(ミルクの代わりに豆乳でお願いします。)

オージー流「ありがとう」をマスターしよう!!

オーストラリアの「ありがとう」は独特。

Thank you.
Thanks, a lot.

などは世界共通の「ありがとう」ですが
オーストラリアでは…

ウェイター
Cheers.(どうも)
Cheers, mate.(どうも、友よ!!)
Ta.(どうも~)※ターと発音

なんてフレーズを良く聞きます。
レストランなどではあまり聞きませんが
スーパー、パブ、カフェなどカジュアルな場所では
初対面でもこのようなフレーズでお礼を言われることも(^-^)

「Cheers.」とか「Ta.」とか言われたら
そのまま笑顔で「Cheers.」「Ta.」と
答えても良いですし「Thanks.」などでも大丈夫♪

補足説明
カナダやアメリカでは友のことを「buddy(バディ)」と呼び合います。相棒、兄弟、友など親しみを込めた言い方です。「Hi, buddy.」「Thanks, buddy.」など。オーストラリアでは「buddy(バディ)」の代わりに「mate(マイト)」と表現します。「Hi, mate.」「No worries, mate.」「Ok, mate.」など。オーストラリア特有のオージーイングリッシュです☆

その他の質問について♪

May I use the toilet?(トイレを使ってもいいですか?)
Wherre is the toilet?(トイレはどこですか?)
注意!!
カナダ、アメリカではトイレのことを「bathroom」「washroom」「restroom」など表現しますが、オーストラリアでは「toilet」と言います。他の表現だと伝わらないことがあるので注意してください。
補足説明
トイレには鍵がかけられていることがあるので行ってみたら開けられないことも…。そんな時も近くのスタッフに上記のように聞いてみてくださいね。

その他は…

Do you have free Wi-Fi here?(Wi-Fiありますか?)
Where can I use free Wi-Fi?(どこでWi-Fiがつながりますか?)
Will you tell me the password?(パスワードを教えていただけますか?)
Do you have a smoking area?(タバコが吸える場所はありますか?)

こんな風に話しかけてきてくれるかも(^-^)

オージーはとってもフレンドリー♪
席でドリンクやフードをいただいている時も
時々様子を見に来て話しかけてくれます(^-^)

そんな時は笑顔で返事したら
あなたもイングリッシュマスター!!

ウェイトレス
Is everything ok?(サービスは行き届いてますか?)
Is there anything else you need?(何か他に必要なものはありますか?)
How is everything?(いかがですか。大丈夫ですか。)
Are you all OK over here?(問題ないですか。大丈夫ですか。)
Everything is great, thank you.(大丈夫です。ありがとう。)
I’m OK for now. Thank you.(今のところ大丈夫です。ありがとう。)
Could we have some water?(お水をいただけますか?)
Could I have a refill for coffee?(お代わりをいただけますか?)
Could I have another one(beer)?(お代わりをいただけますか?)
Could I take a look at the drink menu?
(ドリンクメニューを見せていただけますか?)

まとめ

いかがでしたか。

旅行中1番良くいくのって「ちょっと休憩♪」
のためのカフェやパブかもしれません。

気軽に立ち寄れるからこそ
オーダーのやり取りができると
旅の楽しさも倍増すること間違いなし!!

今日はオーストラリア特有のフレーズも混ぜてのご紹介でした!!

是非ご活用いただけると嬉しいです(*^-^*)

【パース旅行まとめ記事:これさえ読めば大丈夫!!全記事リンク付き!!】

スポンサードリンク