【パース】シティで新たなパブスタイル発見『Aviary』のルーフトップでテンションup?

スポンサードリンク

こんにちは、Licoです(^-^)

オーストラリアのパース「女1人旅ルポ㉕」です。

パースシティど真ん中でルーフトップの
人気パブがあると聞き行ってきました♪

その名は

『Aviary』(エイビアリー)

インフォメーションセンターで
オージーの女の子から聞いたローカル情報です♪

さてローカル情報、アタリかハズレか…!?
ルポしてみたいと思います!!

『Aviary』(エイビアリー)のルポ

『Aviary』(エイビアリー)は
パース駅(Perth Station)から徒歩5分。

マレー・ストリート・モール(Murray Street Mall)×
ウィリアムストリート(William Street)

マレー・ストリート・モール(Murray Street Mall)と
ウィリアムストリート(William Street)がクロスするところにあります。

パースシティのど真ん中にあるのでアクセス抜群です。

『Aviary』(エイビアリー)の外観

この建物のルーフトップが
『Aviary』(エイビアリー)です。

『Aviary』(エイビアリー)のサインが目印

『Aviary』(エイビアリー)の入口

この入口からはいって黄色い階段を上がっていきます。
さらにぐんぐん上がっていきます。

黄色い階段

サインに沿って

ぐんぐんすすみます。

階段を上がりきったところが
オープンスペースのパブ『Aviary』(エイビアリー)

再びサイン

再び階段…登りきると…

『Aviary』(エイビアリー)到着!!

カウンターで私がオーダーしたのは
心から愛するアップルサイダー(Apple Cider)

店内はいって左側にカウンターがあります。ここでオーダー。

アップルサイダー(Apple Cider)を注文

「VONAMY’S Apple Cider」(ボナミーズ・アップル・サイダー)10ドル(約860円)

という銘柄が目の前で注がれました。

お味はうーん、何だか薄いぞ…。
アップルの味はするのだけれども
味は残念ながらイマイチでした。

アップルサイダー片手に窓側に座りました。

そして椅子が高くて座りにくい…。
お店はいってすぐの席は普通の椅子タイプなので
居心地がよさそうなのですが空いてなくって
奥はスタンドタイプの椅子で
「よっこらしょ」と座るタイプ。
この椅子なんだか落ち着かないのですよねぇ。

店内の風景。私が座ったのも赤のハイチェア。

店内の風景

店内でツーリストっぽいのは私だけ。
見るからにローカルの人で混雑していました。
みんな平日の昼間から何をしているのだろう…と
人のこと全然言えない私が首をかしげてみました。

ちなみにこちらは全席喫煙OKのようで
灰皿がおいていました。

店内奥は禁煙席でした。

景観はなくなるのだけれど
奥のほうに禁煙席がありました。
こちらは低いソファで座りやすそうでしたが
景色を見たかった私は頑張って高い椅子に座ってみました。

ということで気になった点が3点。

・アップルサイダーの味が薄い。
・椅子が高くて居心地が悪い。(席による)
・外から見ていたほど景色はイマイチだった(^_^;)

席から見えた景色。

アップルサイダーこそイマイチではありましたが
パースシティのど真ん中でアクセスは抜群。
道に絶対迷わないロケーションです。

生ビールももちろんありますし
(今回私はいただいてませんが)
少し歩き疲れた時など
シティを歩く人々を眺めながら
気軽に1杯なんていかがでしょう。

料理のメニューも充実していましたよ。

ちなみに「フリーWifi環境あり」です。
パースのフリーシティ(Free City Wifi)
が使用可能です。

「Perth WiFi」を選択

この画面が表示されます。「Get Online」をクリック

「I agree to the terms of use」にチェックを入れてクリック

つながりました。

ということで以上『Aviary』(エイビアリー)の
リアル口コミ体験レビューでした!!

オーダーからお会計までの流れ&一言英会話

オーダーからお会計までの流れは
ドリンクのみであれば
店中のカウンターでオーダーして
その場で精算&受け取りです。

食べ物をオーダーした場合は
ナンバープレートがもらえるので
テーブルに置いて待っていると
持ってきてくれます。

好きな場所に座っていただく。
飲み終わったらそのまま帰ってOKです(^-^)

価格も税込の明瞭会計。
オーストラリアでチップは不要です(^-^)

ウェイトレス
Bottle or On Tap??(瓶ですか?生ですか?)

と聞かれることがあります。
Bottleは瓶のことです。
On Tapはタップから注ぐ生のことです。
なのでもし聞かれたら

Bottole, please.(瓶でお願いします。)
On Tap, please.(生でお願いします。)

と答えてくださいね(^-^)
私は断然「生」で注いでもらう派!!

I’ll have Apple Cider on tap, please.(生アップルサイダーをお願いします。)

などと注文するとよいですよ(^-^)

『Aviary』(エイビアリー)のメニュ―一例

『Aviary』(エイビアリー)のメニュ―一例

『Aviary』(エイビアリー)のメニュ―一例

『Aviary』(エイビアリー)のメニュ―一例

『Aviary』(エイビアリー)のメニュ―一例

『Aviary』(エイビアリー)に行ってきたまとめ

今回のパブは先に述べたように
少~し微妙なところもあったけれど
風も気持ちよくローカル気分を味わうには
おすすめできるパブでした。

ちなみに毎週木曜日&金曜日は
ハッピーアワー(Happy Hour)!!
17:00~18:00の間に行けば
5ドル(430円)からお酒が楽しめます♪

パースシティでおすすめのパブは
他にもあってもし行かれるなら以下3店が
「より」おすすめだったりします(^-^)

上からおすすめ順です。

 

『Aviary』(エイビアリー)のお店情報・アクセス・行き方はこちら

名称 『Aviary』(エイビアリー)
住所 Level 1/140 William Street, Perth WA 6000
営業時間 Sun – Thurs 11:00 – 22:00
Fri – Sat 11:00 – 1:00
電話番号 (08) 9226 0259
お店のHP https://www.theaviaryperth.com.au

【パース駅から『Aviary』(エイビアリー)までのアクセス地図】

【パース旅行まとめ記事:これさえ読めば大丈夫!!全記事リンク付き!!】

 

スポンサードリンク