オーストラリアの家庭料理『アプリコットチキン(Apricot Chicken)』の簡単作り方

スポンサードリンク

こんにちは、Licoです(^-^)

オーストラリアのパース「女1人旅ルポ㉟」です。

17年前の1999年~2000年まで
オーストラリアのパースに留学していたのですが
その時ホームステイのママが良く家庭料理を
作ってくれました(^-^)

その中でも群を抜いて美味しかったのが

『アプリコットチキン(Apricot Chicken)』!!

目からウロコの組み合わせなのですが
ご飯に良く合うし本当に美味しくって
シェアハウスに移ってからも良く作ってました。

今日はオーストラリアの家庭料理
『アプリコットチキン(Apricot Chicken)』
の作り方をご紹介します♪

『アプリコットチキン(Apricot Chicken)』とは

アプリコットチキン(Apricot Chicken)

『アプリコットチキン(Apricot Chicken)』
とはオーストラリアの代表的な家庭料理です。

アプリコットジュースとオニオンスープの素を
混ぜ合わせたソースを鶏肉と一緒に煮込んだもので
甘酸っぱいスープが何ともいえず美味しくて
なぜかご飯にも良く合うという不思議な食べ物です。

今回、パース再訪旅行の際、地元のスーパーで
フレンチオニオンスープの素(French Onion)と
アプリコットネクター(Apricot Nectar)の缶を
ゲットしたので日本に帰国後作ってみました!!

『アプリコットチキン(Apricot Chicken)』の簡単作り方レシピ

では『アプリコットチキン(Apricot Chicken)』
作り方のご紹介です。

材料

まず材料から。

・フレンチオニオンスープの素(French Onion)1袋
・アプリコットネクター(Apricot Nectar)400mlを1缶
・手羽元 10本
・ニンジン 中2本
・ブロッコリ― 1株
※盛り付け時にご飯(*^-^*)

レシピ(作り方の手順)

①フレンチオニオンスープの素をボウルにいれて
その中にアプリコットネクターを入れて良く混ぜます。
※アクセントにオレガノ少しいれても美味しいです。

フレンチオニオンスープの素

アプリコットネクターを開ける時は要注意!!

ボウルに入れて良く混ぜ合わせます。

アクセントにオレガノいれても美味しいです♪

②手羽元をフライパンに入れて中火で焼きます。

手羽元をフライパンにイン!!

③少し焦げ目がついたら①をイン

少し焦げ目がついたら…

④隠し味でバターをすこし入れると美味しいです。
弱火で15分ほど煮込みます。

①をイン!!

⑤ブロッコリーとニンジンを茹でておきます。

ブロッコリーとニンジンを茹でます。

⑥お皿に盛って出来上がり♪

アプリコットチキン(Apricot Chicken)の出来上がり♪

『アプリコットチキン(Apricot Chicken)』失敗しないためのコツ

失敗しないためのコツは
フレンチオニオンスープの素と
アプリコットネクターをしっかり混ぜること。

「ダマ」が残るとそのまま口に
入れた時に感じることがあるので。

あとはできればゆっくり煮込むと
チキンに味がよくしみ込みます。

水分が減ってきたら途中で足しても大丈夫です。

『アプリコットチキン(Apricot Chicken)』まとめ

ということで本当にあっという間に
できちゃう簡単レシピです(^-^)

スープはとろみがつくのですが
ご飯とからめていただくと本当に美味しいです(*^-^*)

オーストラリアに旅行、留学、ワーホリなどで
キッチンのある環境であれば是非
試していただきたいおすすめレシピです。

よろしければ作ってみてくださいね~~(^-^)

【パース旅行まとめ記事:これさえ読めば大丈夫!!全記事リンク付き!!】

スポンサードリンク