【Airbnb】ゲスト経験者がメリット&デメリットを口コミしてみます♪

スポンサードリンク

こんにちは、Licoです(^-^)

先日、オーストラリアのパースを1人旅した際
「Airbnb(エアビーアンドビー)」を初体験しました♪

結論としては「最高の経験&思い出」を
得られ大満足だったのですが
申込み~チェックアウトまでをゲストとして経験し
感じた「Airbnb」のメリット&デメリットが
見えてきたので口コミとしてまとめてみました!!

Airbnb(エアビーアンドビー)とは

Airbnb(エアビーアンドビー)とは
空き部屋や空き家を貸したい人と
借りたい人に向けた民泊のマッチングサイトです。

海外ではかなり主流になってきています。

国内では日本に旅する外国人が利用するケース
のほうが多いようですが、日本人が海外旅行
する際に利用するケースも増加してきています。

お部屋タイプは貸切、個室、シェアルームの3つ。

貸切タイプ

貸切タイプは一軒家やマンションをまるまる
貸切って独り占めできちゃうスタイルです。

個室タイプ

ホストが済む一軒家やマンションの
一室のみを借りて住むタイプ。
自分だけのプライベート個室と
ホストとシェアする共有スペースがあります。

シェアルームタイプ

寝室そのものが共有スペースなので
ルームシェアになります。
プライべート空間はない代わりに
宿泊費は格段に安いことが特徴です。

Airbnb(エアビーアンドビー)のメリット

先日オーストラリアのパースを
1人旅した際、個室タイプの「Airbnb」に10連泊しました。

60代のシンガポール人女性が
1人暮らしする一軒家の空き室にステイしました。

それで感じたメリットは以下。

宿泊料金がホテルに比べ安い!!

やっぱり何といっても安い!!
これ最大のメリットだと思います。

私は1人旅の自由旅行が多いので
どうしても宿代がかさみます。

その点「Airbnb」は宿数も多く
選択肢が豊富で予算や希望のロケーションに合わせて
宿探しできるのがとっても魅力的☆

貸切タイプを1人で貸し切るとさすがに
予算オーバーしちゃう場合が多いけど…

友人同士や家族旅行で一軒家を貸し切っちゃうと
相当楽しいんじゃないかなと妄想します。

だってホストもいないから気をつかわないし
お部屋もたくさんあるし
プライベート空間もあるし
でもリビングとかでみんなで集まって
一緒にすごせちゃう♪

お酒飲んで語り合ったり
テレビ見てリラックスタイム過ごしたり
もう想像するだけで楽しそうですよねぇ。

自炊ができる

そう、自炊ができるのって本当にありがたい。

私がステイしたお家は残念ながらキッチンは
使用できず…代わりに朝ご飯つきでホストが
毎日作ってくれるスタイルでした(*^-^*)

でもキッチンが自由に使えたら
好きなものが好きな時に食べれる
現地のスーパーやマーケット巡りが
大好きな私としてはローカルフードにふれられる
絶好のチャンス!!

これって旅の醍醐味かなって思います♪

飲食代が高い国を旅するときは
節約にもなりますね!!

住むように暮らすように旅ができる

そう、まるで住むように暮らすように旅ができます。

滞在中はホストから鍵を渡されるので
当たり前ですが好きな時に外出~帰宅できます。

私がステイしたエリアは住宅街だったので
散歩していると隣人から挨拶してもらえたり♪

たった10日間でしたが、当日からまるで
本当に住んでいるのかと錯覚しそうなステイが体験できました。
気分はまるでローカル♪

旅好きにはたまらない
「心の満足感」が得られること間違いなし!!

ホストと仲良くなれたら最高の思い出ができる

一軒家タイプだとホストとは
鍵の貸し借りだけだったりで
コミュニケーションは少し希薄になるかもですが

個室やシェアルームタイプだと
ホストの住む空間で一緒に滞在するので
コミュニケーションは嫌でも発生します。

私は今回「大当たり」の超ナイスなホスト
だったのと歳が親子ほど離れていたこともあり
まるでホストマザーのように接してくれました(^-^)

1日あったことを話したり
一緒にランチに行ったり
ドライブがてらビーチに連れて行ってくれたり
しまいにはお悩み相談までしてもらいました(笑)

彼女のお陰で今回の旅で忘れられない
素晴らしい想い出がたくさんできて
本当に感謝しています(^-^)

ローカル情報が得られる

そしてローカル情報が得られるのも大きなポイント。

わたしは

「旅の醍醐味は食にあり♪」

を座右の銘にしているほど旅行中の
食事を大切にしています♪

なのでローカルでないと知らない
カフェやレストラン情報をじゃんじゃん
教えてもらいました。これ最高です。

お陰でこのブログで自信を持ってご紹介できる
お店もたくさん♪

Airbnb(エアビーアンドビー)に宿泊して良かった~。

その国の言葉に触れられる(主に英語)

最近、英語にあまり触れていなかった私ですが
ホストとのコミュニケーションを通して
10日間でかなり「勘」が戻りました。

「ホストがどれくらいの距離感をゲストと持つか」

にもよりますが、少なくとも英語圏だと
ネイティブ英語に触れられる
ことも大きなメリットだと感じました。

もし言葉に自信がない人でも
ホストは色んなノンネイティブを
受け入れている人が多いと思うので
飛び込んでみるのも良いかもです!!

Wifiが無料で使用できるホストが多い

各宿情報のページで事前確認できるのですが
Wifiが無料で使用できるホストが多いです。
今までは有料Wifiルーターを持ち込んでいた。
なんて人も「Airbnb」に泊まれば節約になるかも。

ただ通信スピードに問題がある場合もあると思うし
外出中は使えないので、仕事持ち込みの場合は
Wifiルーターがあると安心です。

Airbnb(エアビーアンドビー)のデメリット

では次に「Airbnb」のデメリットをまとめてみました。

ホストと言葉の壁が発生する

滞在中のみならず、予約リクエストは
直接ホストに問合せします。

基本は英語なので語学力に自信がない人は
結構チャレンジングになるかも。

でも英語は中学英語レベルだけど
既に「Airbnbエキスパート」な友人曰く
「全然何とかなるよ~」だそうです(笑)

相手は同じ人間。
それにむしろ英語に触れられる好機会かも。

これをメリットと受け取るか
デメリットと受け取るかはあなた次第!?

防犯面での不安がある

特に女性1人旅は気をつけたいところです。

ここ個人的な感覚や考え方はいりますが
私は絶対に男性ホストだけが住む
「Airbnb」には泊まりません。

あと若い女性宅も避けました。
オージーはパーティー好きな人が多いので
帰ったら知らない人がいっぱい
だと気が休まらないかなぁと思って。

シビアだけど相手は赤の他人。

「Airbnb」で起きたトラブルは程度の差こそあれ
「ゼロでない」と聞きます。

なるべく安全性の高そうなホストを
直感フル稼働で探す…そんな勘を養いながら
探していきたいものです。

あと不安がある場合は、ホストに事前にストレートに聞く。
これに尽きると思います。

例えば部屋に鍵はついているか等。

少しの不安も見逃さずクリアにしてから
予約したほうが良いかもですね(^-^)

ホテルなどのホスピタリティは期待できない

「民泊」なのでホテルのような対応は
もちろん期待できません。

ホテルだと当たり前のようにあるアメニティが
「Airbnb(民泊)」では当たり前のようにないので(笑)

歯ブラシ、洗顔、シャンプー、コンディショナー
パジャマなどすべて自分で用意しました。

シャンプ―、ボディソープあたりは
用意してくれるホストもいるようですが
ホテル滞在に比べて荷物が増えることは確か。

私のお部屋にはティッシュペーパーもなかったので
次の日スーパーに買いに行きました(^-^;)

バップパッカーズやホステルに
慣れている人は問題ないかもですね。

そんな不便さは「織り込み済み~」くらいで
大らかにいられるとストレス感じないかもです。

アタリ・ハズレがあると思う

ホストも人間。
ゲストも人間。
どうしても相性とかフィーリングとか。
アタリ・ハズレはあると思います。
もうこればっかりはしょうがない。

でもトラブルやミスコミュニケーションを
事前に防ぐ方法として
ホストのレビューを読むことを強くおすすめします。

レビューが多く書かれているホストは
ベテランであるということ。

「お部屋が汚かった」とか
マイナスなこともゲストはストレートに
書いているケースがあるので
レビューを読むことで事前に解決できると感じました。

私のホストは60件くらいレビューがあって
そのどれもが高評価のスーパーホストでしたが
レビュー通り超ナイスでした(*^-^*)

「お部屋にティッシュペーパーすらないよ」
なんてレビューはなかったから
これは想定外だったけど(笑)

ホストのライフスタイルを考慮する必要があることも…

ホスト宅で滞在する場合
こちらがいくらゲストだといっても
やはりホストにも生活のペースがあるので
多少の考慮は必要だと思います。

もうこのあたりは個人的な感覚だったり
相手へのちょっとした「気遣い」レベルですが。

数日生活すると大体ホストのライフスタイルが分かってきます。

私のホストは60代ということもあり
毎晩23:00前には就寝していました。
たまに遅くに帰ると家中真っ暗…。

そんな日は起こさないようシャワーは軽めで済ませ
次の日にゆっくり髪の毛を洗ってドライヤーをかける…

そんな少しの気遣いでお互い気持ちよい
関係性が築けるのかなと感じました。

例え短期間でもせっかくご縁あって出会った人。
一期一会を大切にしたいとお互い
感じるのではないでしょうか。

「Airbnb(エアビーアンドビー)」ゲスト経験者が1番伝えたいこと

ということで「Airbnb」のメリット&デメリットおまとめでした。

いかがでしたか。

今回私がゲストとしてステイしてみて
1番お伝えしたいことは

「実際Airbnb(エアビーアンドビー)で旅した結果、かけがえのない素晴らしい想い出と経験ができた!!」

ってことです(^-^)

レビューをしっかり読んで
自分の直感を信じて決めて「GO!!!」すれば
ほぼほぼ間違いなく「アタリ!!」
の滞在が楽しめると感じました。

「暮らすように旅してみたい♪」

なんて人に是非おすすめしたい滞在スタイルです(^-^)

最後まで読んで下さり
ありがとうございました!!

※今回初めてAirbnbに登録される方は
Licoからの紹介ということで
以下から登録すると4200円分のクーポン
特典としてついてきます。

早速、宿代に充てられるので良かったらどうぞ☆

単なる「紹介制度」のためお互いの個人情報が
行き来することはないのでご安心くださいね。
やり取りも発生しません。

↓ ↓ ↓

【クーポンゲットできるAirbnb登録画面はこちら】
「メールアドレスで登録」をクリックすると登録できます(^-^)

スポンサードリンク