【Airbnb】登録~申込み~宿泊までのすべてをおまとめしてみた♪

スポンサードリンク

こんにちは、Licoです(^-^)

女1人旅でAirbnb(エアビーアンドビー)を初体験♪
女性が1人で暮らす一軒家の一室にステイしました。
行き先は第2の故郷オーストラリアのパース♪

今日は「Airbnb(エアビーアンドビー)」登録
に始まり当日ホストに会って
チェックアウトするまでの

すべてを「体験談」として
ご紹介したいと思います(^-^)

【関連記事】

【私のAirbnb口コミ体験談】

 

目次

Airbnb(エアビーアンドビー)とは

今話題のAirbnb(エアビーアンドビー)は
空き部屋や空き家を貸したい人と
借りたい人に向けた民泊のマッチングサイト

ホストが住んでいる家の一部屋を借りたり
誰も住んでいない空き家やマンションを
まるまる借りたり。

少ないですがルームシェアもあり。
いわゆるドミトリーですね。
一部屋にホストや他のゲストと滞在します。
ルームシェアの滞在費はバックパッカーズや
ホステル並みの安さです。

とてもユニークな部屋や
超ゴージャスな一軒家などもあり
予算や人数に合わせて一味違った旅が
楽しめることが「Airbnb」の醍醐味です♪

「住むように、暮らすように、旅する滞在スタイルが実現できる♪」

ということで新たな旅スタイルとして
世界中で話題です♪

欧米やヨーロッパではすでに主流の旅スタイル♪

オーストラリア在住の私の友人も
既に10回以上利用しているそうです。

今回お世話になったホストも
ヨーロッパを旅行中Airbnbに滞在し
その素晴らしさを身をもって感じ
「自分もホストになって旅人をもてなそう!!」
とホストを始めたそうです。

Airbnb(エアビーアンドビー)自体は
2008年にアメリカのサンフランシスコで生まれ
現在世界192カ国、約33000の都市で
80万以上の宿を紹介しているそうです。

日本は2011年に日本支社が創設され
サービスがスタート。

ホテル代が高騰している東京や
リゾート地の沖縄で外国人のみならず日本人にも
利用されることが多いようで代行会社までいるのだとか!?

Airbnb(エアビーアンドビー)の登録方法

ということで友人の勧めもあって
早速「Airbnb」初体験♪

以下のサイトから登録できます。

【Airbnb公式サイト】
https://www.airbnb.jp/

ちなみに今回初めて登録される方は
私Licoからの紹介ということで
以下バナーからの登録に限り
”3,700円分のクーポン特典”がついてきます。

早速、宿代に充てられるので良かったらどうぞ。

単なる「紹介制度」のためお互いの個人情報が
行き来することはないのでご安心くださいね。
やり取りも発生しません。

【クーポンゲットできる登録画面はこちら】

上のバナークリックすると私からの紹介ページになります。

「メールアドレスで登録」をクリックして登録できます。

「名前(ニックネームでも可能)」
「メアド」「パスワード」「生年月日」
を入力すれば登録完了で検索スタートできます。

登録後、自分の「プロフィール写真」
「プロフィール文」「ID認証」など
ゆっくりできます♪

Airbnb(エアビーアンドビー)アプリをすすめる理由

Airbnbアプリ画面

私は登録後にアプリ(無料)を
スマホにインストールしました☆
メールアドレスとパスワードを入力すれば
すぐにログインできます。

メリットが結構多いです。

特にホストとのやりとりは
全てAirbnb内のチャット画面で行うし
(LINEみたいな感じ)
メールが届くとリアルタイムで
お知らせがくるのでとても便利♪

それに検索しやすいし
お気に入りに保存した宿情報が
いつでも簡単に見れるので気に入ってます。

ウェブサイトから開いたAirbnbだと
うまくいかない…という話も聞くので
個人的にはアプリをインストールするのがおすすめ。

アプリ画面での説明をしてみます。

Airbnb(エアビーアンドビー)の検索方法

Airbnbでの宿の検索方法ですが
トップページに「場所」「日付」「人数」
を選択する画面があるので入力。
ひとつでもOKです。

「パース」と入力すると以下画面のように
候補場所が自動表示されます。

場所を特定すると「フィルタ」が
表示されるのでクリックすると
「価格帯」「部屋タイプ」「ベッド数」
「アメニティ」「設備」「喫煙OK」
「ペット可」などかなり詳細検索もできます。
空き状況の確認も可能♪

価格帯はスクロールで予算に合わせて検索可能

海外宿の場合、説明文は基本「英語」ですが
アプリには翻訳機能がついているので
少しおかしな日本語ですが意味は通じます。

 

こちらが英語画面。画面左上の「翻訳する」をクリックすると…

日本語変換されると以下のように翻訳されます。

↓ ↓ ↓

日本語に自動変換されます。

Airbnb(エアビーアンドビー)で良いホストを探す&失敗しない7つのコツ

ここで安全・安心な旅をするために
Airbnbで良いホストを探す&失敗しない7つのコツをご紹介します。
特に女性の1人旅には必読!!

申込み前に是非確認してみてくださいね(^-^)

①「スーパーホスト」だと安心&おすすめ

「スーパーホスト」とは実際に泊まったゲストからのフィードバックが良いホストのこと。

Airbnbには宿泊したゲストがチェックアウト後に
フィードバックできるシステムがあります。
それで色んな項目順に★で評価をしていくのですが
その総合評価が一定の基準を満たしたホストは
「スーパーホスト」として「王冠マーク」がつくのです。

宿情報のページにレビューがあるので
しっかり読んでみて微妙なレビューがあるホストは避けるのが無難。

ホストの評価が項目別に★で確認できます。

ホストレビューの一例

②ホストの顔写真が掲載されていること

あとホスト情報ページにはホストの顔写真や
プロフィール文が入力されていることがほとんど。

だいたいそれを読むと
「安全そうか」「しっかりしてそうか」分かります。

③部屋やお家の写真がたくさん掲載されていること

部屋の写真がたくさん掲載されている
ホストを選ぶことをおすすめします。
適当に数枚…なんてホストはやめたほうが無難。
といってもほとんどのホストが
しっかり写真は掲載されている印象です。

④ハウスルールをしっかり読むこと

ハウスルールの一例

ホストごとにハウスルールを設けています。
これはホストが自由に決められるゲストに求めるルール。

要は「ハウスルールを守れる人だけ泊まってね!!」というもの。

・ペットお断り
・パーティお断り
・タバコは屋外でのみ

などの禁止事項や

・チェックインは何時でもOK

といった内容まであるのでしっかり読んでおかないと
「こんなはずじゃなかった…」
とトラブルの原因になってしまいお互い残念なので。

⑤女性の1人旅は「直感力」をフル稼働しよう

特に女性の1人旅は安全性を
しっかり確保したほうが良いと思います。

これは「まるごと貸家」を借りたらよい話
なのですが予算の関係とか色んな事情で
「一部屋」や「ルームシェア」する人へ。

シビアなことを言うと、
ホストは会ったことのない赤の他人。
少しでも危険な条件は避けること。
「絶対安全」ということはあり得ないのです。

例えばなかには「ホームパーティOK」
というホストもいます。

何て寛大なホストなんだ!!楽しそう!!
と受け取ることもできますが
逆にいうとホストもパーティーをするということ。
家に帰ったら知らない人たちが
たくさんいるかもしれないということです。

私はそういうのは避けたいと思ったので
自由すぎる環境(ハウスルール)は逆に避けました。

レビューやホストとのメッセージのやり取りを通して
「ここなら大丈夫」と感じることができたら
予約を確定したほうが良いですね。

例えばお部屋に鍵とチェーンは
ついているのかetc.

女性の1人旅はこれくらいの警戒心が
あってもいいと思っています。

⑥必ず家族や親しい人に滞在先の住所を伝えておく

これは海外に行くときはどんな時もですが
必ず家族や親しい人に滞在先の住所を伝えておきましょう。
いざって時に安心です(^-^)

⑦Airbnb認定のホストを選ぶ(Airbnb Plus)

これは最近できた新しいサービスです。

ゲストによる口コミ評価が
5つ星中、4.8つ星以上の高い評価の
ホストのみを対象としています。

実際にAirbnbが宿泊先に訪れて
ホームインスペクション(診断)を
行い100項目以上の条件をクリアしたAirbnbのこと。

予約後はAirbnb Plus専属の
カスタマーサポートチームが
きめ細やかに対応してくれるそう。

2018年6月時点でのAirbnb滞在先は
オースティン、バルセロナ、ケープタウン、
シカゴ、ロサンゼルス、ロンドン、
メルボルン、ミラノ、ローマ、
サンフランシスコ、上海、シドニー、トロントです。

Airbnb Plus専用ページから検索可能です。

Airbnb(エアビーアンドビー)での予約リクエスト方法

「ここに泊まりたい!!」って宿が
見つかったら予約リクエストをいれます。

「希望日時」を選択して右下の
「予約をリクエスト」をクリックして進みます。

リクエストが終了するとAirbnb経由で
予約が承認されました!!という連絡がきます。

予約を急いでいてホストからの返信(承認)
を待たなくてもその場で予約を確定できる
宿もあります。フィルター検索で
「今すぐ予約」できる宿だけを選択できます。

Airbnb(エアビーアンドビー)ホストとのコンタクト方法

あわせてホストからも直接
「予約ありがとうございます」メールの
返事がくることがほとんどです。

トラブル時以外、Airbnbが仲介することはありません。
何だか「個人旅行」の醍醐味を味わえますよねぇ♪

コミュニケーションは基本「英語」。
といってもホストも色んなゲストを迎えているし
ノンネイティブも当たり前の世界。
中学英語で十分コミュニケーションとれるので大丈夫

やり取りはAirbnb内のチャット画面
でしか絶対に発生しません。
もし外部メールでのやり取りを
ホストから勧められたり
支払いをAirbnb経由でい方法を案内されたら
「100%怪しい」ので要注意!!

当日の到着時間やフライト時間などは
このチャット画面でやり取りして
ホストと直接打合せします。

ちなみにこのチャット画面は滞在中の
やりとりにもなにかと重宝しました。

チャット画面は以下画像のように
ホストごとに振り分けられるので便利♪

予約リクエスト前にホストに直接メッセージを送って
疑問や不安に思うことを確認することもできます。

今回私は夜中の到着だったので
以下のようなメッセージを送り
夜中のチェックインが可能か聞いてみました。

私からホストへのメッセージ。到着が夜中になるけど大丈夫か確認してみました。

するとホストから以下のようなウェルカムメッセージがきました(^-^)

夜中の到着でも大丈夫~との返事をいただきました♪

何だかとても良さそうな人だなぁと
好印象だったのでここに決定!!

お互いの合意が取れたので
正式な予約リクエストへと進みました。

Airbnb(エアビーアンドビー)予約確定方法

予約の確定方法ですが
私が最初に送っていた予約リクエストを
ホストが「承認」すると支払いの案内が届きます。

なので私がそのページの案内に沿って
「事前支払い」を済ませると「予約完了」です。

アプリ上で確認できるし
確認メール&予約コードも届くのでホッと一安心♪

領収書や旅程表の印刷も可能です。

Airbnb(エアビーアンドビー)宿泊費支払い方法

Airbnbで使用可能な支払い方法は
基本クレジットカードのみです。

現金払いや銀行振込みの対応はないです。

ちなみに宿泊料金は
ドルから日本円に換算されるので
とても分かりやすいですよ(^-^)

宿泊費の支払いが終わると
即クレジットカード決済が実行されます。

3ヵ月先の宿泊予約をしたけれど
宿泊前に決済が行われ次月の
クレジットカード支払日に早速引落しされるということ。

要するに…予約時期にもよるけれど
その多くは前払いとなります。
なので宿泊前に宿泊費を準備しておく必要があります。

Airbnb(エアビーアンドビー)の宿泊費内訳:手数料とかいるの?

料金の明細内訳は以下。

私の支払い明細

・宿泊費
・清掃料金
・Aribnbサービス料

です。

内訳はいつもこの3点セットです。

清掃料金とは
清掃料金はホストに支払う清掃代で
宿泊費とは別に請求されるもの。

1滞在あたり1回の料金なので
10泊しても料金は同額です。
金額はホストごとに異なります。

また清掃代は基本”チェックアウト後”
の清掃代という意味です。

Airbnbサービス料とは
Airbnbサービス料とはいわゆる紹介手数料のこと。
これはホストでなくAirbnbに支払われます。
宿泊料金に対して通常6~12%ほどの割合です。

Airbnb(エアビーアンドビー)3つのキャンセルポリシー

キャンセルポリシーはホストが
3種類から決めるので宿泊先によって異なります。

①キャンセルポリシー「柔軟」

チェックインの24時間前までにキャンセルすれば
宿泊料金が全額もどります。

②キャンセルポリシー「普通」

チェックインの5日前までにキャンセルすれば
宿泊料金が全額もどります。

③キャンセルポリシー「厳格」

チェックインの7日前までのキャンセルで
宿泊料金の50%がもどります。

ちなみに「Airbnbサービス料(手数料)」
はこの対象ではないので返金不可です。

事前にしっかり確認しておくのがおすすめ(^-^)

いずれにしろお金のやり取りは
ホストと直接行うのではなくAirbnbのアプリや
サイト上ですべて行います。

Airbnb(エアビーアンドビー)チェックイン&チェックアウトの流れ

Airbnbチェックインの流れ

無事に予約が終わって落ち着きました(^-^)

その後、到着の数日前にリマインドメールを
念のためホストに送りました。

すぐ返事が来てパース空港を出てホスト宅へ向かう時に
メッセージを送って欲しいと返事がきました。

今回私はWifiルーターをレンタルしていたので
空港についてすぐスマホを無線につなげて
ホストに連絡することができました。

空港も無料Wifiがあったのですが
うまく繋がらず…なので
Wifiルーターのレンタル予定がない人は
ホストとの事前やりとりで
「空港についてから連絡がつかないかもしれない」
など伝えておくべきかと思います♪

一軒家タイプのAirbnbを利用する場合
別の場所に住むホストから直接鍵を
受け取る場合もあれば、指定された
方法でゲスト自らが鍵を入手する方法があります。
この場合、ゲストとは一度も会わずに滞在することも。

いずれにしろ、チャット画面でホストから
直接案内がきます。

Airbnbチェックアウトの流れ

チェックアウトの時間もホストが決めているので
予約時に確認しておく必要があります。

私の場合11:00アウトでした。
空いてたら無料でステイできたと言われたけど
次の予約が早速あったので11:00に
出ないといけませんでした。

フライトは夕方だったのですが
友人がチェックアウトの時間に
車で迎えに来てくれたので助かりました。

この辺り、帰りのフライト時間も考えて
事前に交渉しておくとか
(追加料金ありの場合もあり)
予定をたてられると良いです。

Airbnb(エアビーアンドビー)の疑問を一気に解決!!

一通りの流れをご紹介しましたが
私が疑問に思ったことなどを
Q&A形式にしてみました。

チップはいるの?

要りません。
事前のやり取りが好印象であれば
お土産など喜ばれるかも。
でも基本はなくていいと思います。
私は買いませんでした。
それよりもチェックアウト後のレビューで
良いことをたくさん書いてあげると喜ばれると思います。

滞在中の掃除はどうするの?

ホスト次第です。
長期滞在されるのであれば
事前に確認されることをおすすめします。
私は10泊中一度もしませんでした(^^;)
ベッドシーツもそのまま。
バスタオルとファイスタオルは
自由に使用できたので途中で交換しました。

空港間の送り迎えはある?

ホスト次第で基本有料です。
ホストのプロフィールに送迎あり(有料)
と書かれている場合はお願いしてもよいかも。
フライトの時間にもよると思うので
直接相談しましょう。
ない場合は自力です。

宿泊時に利用できる室内エリアの確認はしておいたほうがよいか?

よいと思います。
物件によって異なります。
フィルター検索かけれたりしますが
手っ取り早いのはホストに事前確認されるのが
確実だと思います。
今回私は一部屋を借りたのですが
暗黙の了解といいいますか…
リビングなどは一切使用しませんでした。
基本、キッチンか自分の部屋で過ごしました。

入国の際の滞在先はAirbnbの住所を書くの?

はい、そうです。
入国審査で聞かれることはほとんどないと思いますが
実際に滞在する住所なのでそのまま書いてOKです。

トイレやバスルームは共用なの?

まるまる一軒家を貸し切りタイプであれば
問題ないのですが一部屋を借りる場合は気になるところ。
今回、私はホストとすべて共用でした。
ですが借りるベッドルームの隣に専用のバスルームが
ついている場合もあります。
そのあたりは家のスタイルによって違いますが
ゲストにとってメリットになる情報は
宿のプロフィール欄に必ず明記されています。

滞在中、洗濯機は使用できるの?

ホスト次第です。
私のところはできませんでした。
特に記載がなく、私も聞き忘れていたので
到着してから「しまった…」と思いました(笑)
ですが季節が真夏だったので、
洗面所で手洗いしてお部屋で乾かしていました。
中にはマンション自体にランドリーがあるなど
宿によって異なるので長期滞在の人は
事前確認したほうが良いです。

Airbnb(エアビーアンドビー)まとめ

ということでAirbnb登録から宿泊までの流れを
ご紹介しました(^-^)

いかがでしたか。

色々長々と書いてきましたが
実際やってみるとかなり「シンプル」です(^-^)

でもホテルとは全然違いますよね!!

あと宿探しがとっても楽しくって
旅行前のテンションをあげるのに
一役買ってくれますよ♪

私は今回初めてのAirbnbステイでしたが
人との交流を通して一味違った
本当に素晴らしい経験ができたので
次回も是非Airbnb的旅を楽しもうと思っています。

もうハマりそうです!!

新しい旅スタイルを楽しみたい方に
「Airbnb」とってもおすすめです(*^-^*)

【クーポンゲットできる登録画面はこちら】

スポンサードリンク