10年続けたFacebookをやめた7つの理由&周りの意外な反応

スポンサードリンク

2018年1月11日

一粒万倍日と大安が重なる日に(狙ってません)
10年続けたFacebook(フェイスブック)を
あっさりやめました。

私がやめるに至った7つの理由と
周りの反応が思ったより意外だったので
シェアしてみます。

私が10年続けたFacebook(フェイスブック)をやめた7つの理由

①時間をより有効に使いたくなったから

時間をより有効につかいたくなった

これが私がFacebookをやめた1番の理由です。

今年の目標は

『ひたすらシンプルに、不要なものはどんどん削ぎ落していく』

ことに加え

『自分のやりたいことにはとことん取り組む』

という一見、相反するような目標立てをしました。

それなのに、やりたいことを
たくさん残して新年を迎えてしまいました。

・読みたい本30冊以上…
・書きたい記事200記事以上…
・取り組みたいこと山ほど…
・学びたいこと山ほど…

このままでは昨年と同じことを
繰り返してしまう…ということで

「1日という限られた時間を有効に使う方法」

を真剣に考える時間を取りました。

それで色々取捨選択していくなかの1つとして
「Facebook(フェイスブック)やめよ…」
というシンプルな答がでました。
(そんな大袈裟なことではないですけどね(^^;))

ついダラダラみるのを避けるため
去年からFacebookは1日に1回だけ
見るようにしていました。

Facebookを10年もしていると
友達も自然と増えてくるわけで
しかも最近は友達がした「いいね」投稿まで
表示されるようになり
(非表示設定はあるけど1人ずつやるのが面倒)
何が誰の投稿だか分からない…。
だから見るのも結構時間がかかったりで。

気づけば…まるでタスクみたいな感じで
主に半身浴の時間にみていました。

でもその時間を好きな読書に充てようと決めました。
それにお風呂でのリラックスタイムは
自然のもの(紙)に触れる時間にしたくて。

お陰で今は毎日読みたかった本が
どんどん増えているなか(笑)
同じくらいのペースでどんどん
消化できていってます(^-^)

②電磁波から離れたかったから

単純に電磁波から離れたかったから。

この10年結構Facebook(フェイスブック)を
楽しんでいたほうだと思います。

月に数回程度(多いと4~5回)の投稿。
「いいね」とか「コメント」って
やっぱり嬉しいし楽しかったです。

だから自分が投稿したときはダラダラ見て
気づくと10分、20分経ってしまったり。

その間ず~~っと電磁波あびまくってます。

しかも私は在宅仕事でほぼ1日中PCに
向かっているので電磁波あびてる率が
なかなか高いのです。

スマホはFacebook(フェイスブック)以外
ほぼ見ないネット環境だったので
やめたら少し電磁波から離れられると思ったからです。

この環境の変化により再び
本を読む時間を思い出すことができました(^-^)

③他者の動向に無関心になったから

もちろん無関心じゃない人もいますが
大きく言うと私のメンタル面での変化があり

他者の動向に無関心になったから

です。

色々削ぎ落していきたい気持ちが大きくなり
Facebook(フェイスブック)で繋がっている人
の中で本当に関係を続けていきたい人って、ほんの一握りでした。

そうやって考えるとやっぱり時間が勿体ない。
と思うように。。。

Facebook(フェイスブック)に時間を割くより
自分や大切な人のためだけに
限られた時間を割きたいと思ったのです。

④自分のバイオリズムが落ちている時は「隣の芝は良く見える」現象が顕著になるから

Facebook(フェイスブック)って
みんな良いことを投稿しますよね。
私もその1人です。

決して「今夜、彼と別れて一晩中泣いてます」
なんて投稿しない(笑)

なかにはいるかもだけど
それはその人のまた別の問題かと…。

ワーカホリックで仕事ばっかりしていて
旅に行きたくても行けなかった時は
「海外来てま~す♪」投稿にざわついたし、

結婚したくても相手がいないときは、
「結婚しました!私、今幸せです!!」
投稿にざわついたし(笑)

人ってそうやってざわつきながら
生きていく生き物だと思います。

私は旅や日常生活の投稿が
ほとんどだったけれど、私だって
気づかないうちに人を傷つけていたり
ザワザワさせたりしていたかもしれない。

でも色々と自分のことを振り返ってみたら
”本当に大切にしたい人の幸せ”は
例え自分が「持っていない」ものであっても
いちいちざわついたりしないし
心から喜べる自分でいれることに気づき
だったら尚更このざわつき断捨離だ!!
と一周まわって納得したこともあります。

⑤昔はビジネスツールではなかった。

Facebook(フェイスブック)を始めた10年前、
フェイスブックはビジネスツールではありませんでした。

「かつてFacebook(フェイスブック)は個人と個人を繋げるツール」

でした。

だから国内でも離れていたり
遠く海外にいる友人の近況が知れたりして
「元気でやってるんだな」と微笑ましく見る時間が大半でした。

それがここ数年でビジネスツールに移行した傾向がとても強いです。
Facebook自体が方向性を変えましたよね。

見たくもない広告が頻繁に表示されたり
個人レベルのアカウントにも
いつしかセミナーやメルマガ登録の案内ばかりが表示されたり。

もちろん中には毎朝楽しみにしていたメルマガもありました。
尊敬する人のアカウントをフォローしたりもしてました。
使用目的は人それぞれ。

だからそれを真っ向からすべて否定するつもりはありません。
”Facebookは絶好の集客ツール”というマニュアルも蔓延しているし
うまく活用するのもそれでよし。その人の勝手ですし。

でもプライベートとして
使用していた私としては、どんどん
自分が好きなFacebookではなくなってきた
ことも大きな理由として挙げられます。

興味のない投稿を見るのは時間が勿体ないです。

⑥承認欲求ツールとして使用する人がいたから

一見、ビジネス投稿しているつもりで

「こんなに頑張っている自分を見てほしい」
「私ってすごいでしょ」

的な「承認欲求願望」が
透けて見えてしまったから。

そんな投稿を見るのが
「なんか面倒くさ…」
って思うようになったのです。

私が大好きで信頼している人に

「承認欲求的なSNS投稿ってどー思う?」

みたいなことを聞いてみたら

「その人にはその人なりの
人生の課題があって必死で向き合って
いるんだと思うよ。
リコさんにはリコさんの課題があるようにね。
もちろん俺には俺の課題がある。
きっとみんな、それぞれあるんだよ。」

みたいな言葉をもらいました。
この言葉、自分の中でとても腑に落ちました。感謝♡

だから人のことを面倒くさいな…
とか思う時間があったら
自分の課題、好きなことなどに
集中しようと思えたのでした。

人生は思っているより短い!

さて、話を戻します。

⑦Facebookなしでシンプルに生きている人が、身近に意外と多いことに気づいたから


気づいたら生活の一部になっていた
Facebook(フェイスブック)ですが
ふと周りを見渡すとしていなくても
幸せに生きている人がいました。
(当たり前ですね…(笑))

私の中学時代からの旧友はしていません。
理由を聞いてみたら

「他人に興味ないし、どうでもいいし」

と言い放った彼女は何度も招待されたけど
一度もやろうとすら思ったことがないという潔さ。

それでも彼女は大好きな友人と家族に囲まれて
幸せに過ごしています。

あと主人も全く必要性を感じていないよう。
「時間の無駄、面倒くさい」
とはっきり断言してくださいました。

ここ数年、SNSは人々の心が複雑化してきたのと比例して
とても複雑化してきたように思います。
先程お伝えした「承認欲求」のくだりもしかり。

私もシンプルになろ――って思いました。

以上、私がフェイスブックを
やめるに至った7つの個人的な理由でした。

私がFacebook(フェイスブック)をやめる投稿した時の友人達の反応

Facebook(フェイスブック)をやめる3日前に
一応「やめます投稿」してみました。

そしたら意外と反響があったので
備忘録としてシェアしてみます。

結果、とても好意的なコメントばかりで意外でした。

といってもそもそも好意的な人しか
わざわざコメントしないか。。。(笑)

私の最後の投稿抜粋

【お世話になりました!】

このお正月でFacebook始めてちょうど10年。

それで2018年を迎えて心境の変化があり
Facebookやめることにしました(^-^)

24時間という限られた毎日を120%
自分や大切な人により意識を向けたり
五感をフルに感じる環境を作ったり
自分のためだけの時間に充てたいな
と思った時に今の私の人生に
Facebookは不要という答がでました。

「自分の幸せにより目を向ける」
「限りなくシンプルに生きていこう」
と思った感じです(^-^)

あとFacebookもう十分遊びつくして
満足もしたようです。
結構楽しみました。

もしかしたらまた1年後とかに
シラーっと戻ってくるかも。
なんちゃって。

まずはお世話になりました!

私のほぼくだらない投稿に
お付き合いくださった皆様
ありがとうございました。
感謝です!!

※もしリコと今後も連絡取り合ってもいいよ
という方は○○のメアドをメモの片隅に
残してもらえると嬉しいです(^-^)

私の旅ブログからもコンタクトとっていただけます。

名古屋に来たら味噌攻撃を受けたい方も是非!
ご連絡お待ちしています!

ご縁のある方、ご縁を繋げたい方とは
また会えるのだと信じています(^-^)

友人達の反応の数々(コメントより)

シンプルライフ、ステキだ――。
新しい何かをするためには、元々ある何かを削る
必要がありますもんね。
この決断は素晴らしい!
FB卒業宣言初めてみました!
なるほどこうこう形もあるのですね。
かっこいい!
リコちゃん、卒業おめでとう。
やりたきゃやる、
やらないならやらないっていいね。
応援しています。
卒業おめでとう。
そうだね。便利で楽しいものだけど
そういう選択も賢いなぁと思うよ。
りっつの投稿楽しみにしてたので
正直なところ寂しいけど
またどこかで会いましょー。
英断ですね!
影ながら応援させていただきます(^-^)
リコさん素敵な考えですね。
私はまだそこまで到達できませんけど。
やっぱカッケー女だわ。
カリスマ経営コンサルタント
大前研一の名言
「人間が変わるための3つの方法」
を思い出しました。

「人間が変わる方法は3つしかない。
1つは時間配分を変えること。
2つめは住む場所を変えること。
3つめは付き合う人を変えること。
どれかひとつだけ選ぶとしたら
時間配分を変えることが最も効果的」
リコさん、実践してますね―(^-^)

賢明な選択でしたね。

などのコメントをいただきました。
素敵な人達に恵まれて感謝です(*´▽`*)

驚くことに投稿に残した個人メアドに
とても丁寧で肯定的なメッセージを
くれた人が多かったことです。

「本当は僕も(私も)やめようと思っていた。」
とか
「今度○○の集まりに是非ご参加ください。」
とか
「素晴らしいご勇断!!」
などなど。

印象的だった私の過去の投稿を抜粋して
お伝えしてくださった方までいました(笑)。

「羨ましい!!すごい!!」と電話までくれた友人がいました。
凄いことをやってるつもりは全くなかったので
この反応は驚きでした。

私のことを良く知る人は
「お前らしい」と笑い飛ばしてくれました(^-^)

「もしかしてFacebookやめたい
って思っている人意外といるの??」

かもですね(笑)

Facebook(フェイスブック)をやめてみてからの変化

私自身がやめたことを
大きく捉えていないこともあり
特段大きな心の変化はないです。

ただ間違いなく以前より
時間を有効に使えるようになりました(^-^)

今年を迎えてから色々削ぎ落しているので
Facebookはほんの一部ですけどね。

繋がる人とは今までと変わらず
繋がっていられるし。

あと心の中の風通しがよくなりました。
何となくスッキリしたというか。
無駄を削ぎ落せた感があります。

色んな情報が入ってこない分
自分により関心を向けられているし、なかなか快適です。

まとめ


以上、私がやめるに至った7つの理由と
周りの反応がどうだったかのシェアでした。

ストレートに自分の思いを綴ってみました。
色々と賛否両論あると思いますが、
あくまでも個人的な感想としてお受け取りくださると嬉しいです。

7つの理由のうち、もし1つでも
当てはまる項目があれば今後
Facebook(フェイスブック)を続けるかやめるか
検討してみてもいいかもしれませんよ、なんて(^-^)

時間って有限だし本当に大切なもの。

私は自分が繋がっていきたい人とだけ
繋がる人生を歩んでいこうと思います♪

スポンサードリンク